チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

チケットぴあインタビュー

西本智実 TOKYO FM 夢の第九コンサート2012

西本智実 TOKYO FM 夢の第九コンサート2012
西本智実の指揮でベートーヴェンの第九を歌おう! 2010年にスタートしたこの夢の企画、その名も「TOKYO FM 夢の第九コンサート2012」が、今年も12月18日に東京国際フォーラムホールAでおこなわれる。
世界的に活躍する指揮者である西本智実と一般の音楽ファンが共演できるチャンスとあって、事前の合唱練習会もおおいに白熱。客席とオーケストラが一体となって、第九のパワーを体験できる稀有のチャンスなのだ。

第一回目は日本武道館でやりましたが、武道館はドーム状に声が集まってくるのに対し、国際フォーラムは箱型なので、後ろの方にとってオーケストラが少し遠く感じられてしまうかも知れないですね。リハーサルで色々調整していく予定です。このコンサートに参加される方は、自分で歌うことでCDでは聞こえなかった音が聴こえてくるはず。音というのは不思議なもので。これだけ日常に音は溢れているのに、自分の中で聴こうと思わないと聴こえてこない。歌う楽しみということ以外に、今まで気づかなかったたくさんの音を体験できる機会だと思います。練習会には、第一回目からのリピーターの方もいらっしゃいますよ。



――ベートーヴェンの「第九」の魅力は、その偉大な普遍性にある、と語る西本さん。


大河ドラマの世界というか(笑)。歌詞も、日本語の文語調の翻訳では伝わりづらいかも知れないけど、「階級を越えていこう」「世の隔たりをなくしていこう」といったことが強く歌われているんです。韻語も多く、ひとつひとつの言葉がとても奥深い。全体として非常に立体的で、音楽も舞台も、作品の時間軸も立体的ですね。私は作曲科で学んでいたので、ベートーヴェンといえば先生のような人。偉大なマイスターです。「第九」は構造的にも特別ですが、1番から8番までのシンフォニーは、ピアノ・ソナタの構造が根幹にあり、非常に骨格を出しやすいのです。(実際の演奏では)指揮者の考えが明確に出る作曲家ですね。



――巨大なゴシック建築のようだというベートーヴェンの音楽。「思いもよらない建造物を音楽の中で作り上げてくれるところが好き」と語る。共演は、日本フィルハーモニー交響楽団。長年にわたってクリエイティブな関係を築き上げ、2012年9月より二年間ミュージック・パートナーを務める。


日本フィルとは今のプロジェクトだけではなく、もう少し先々につながるプロジェクトまで仕事をさせていただく予定なので、今後ますます関係は充実していくと思います。秋の定期演奏会では、イスラムをテーマにモーツァルトのオペラ「後宮からの逃走」の前奏曲やベートーヴェンの交響曲第7番をプログラムに組みました。



――今年は芸術家・西本智実にとってめざましい躍進の年だ。サンクトペテルブルク音楽院に学び、キャリアの初期からロシアの劇場でオペラやバレエの指揮をこなしていた経験を生かし、総合芸術としての舞台と音楽を結びつける新しい楽団、イルミナートフィルハーモニーオーケストラを発足。すでに新国立劇場のバレエ公演でオーケストラ・デビューを果たし、今後もオペラ、コンサートの公演が続々予定されている。


イルミナートフィルは今まさに創設の段階ですが、この数ヶ月で色々な方向性を打ち出していく予定です。11月には上野恩寵公園野外ステージで、序曲「フィンガルの洞窟」(メンデルスゾーン作曲)や「モルダウ」(スメタナ作曲)など標題のついた曲を演奏します。松尾高広さんの光のインスタレーションとのコラボで、自然の暮れていく空と光アート、音楽が融合したアンサンブルになる予定です。オペラ「蝶々夫人」もイルミナートフィルで振りますが、この演目はこれまで海外からたくさんのオファーをいただいて、お断りし続けてきた作品。ここにきて断る理由がなくなったので、振ることにしました(笑)



――ロシア、東欧、アメリカと世界中のオーケストラに招かれ、音楽家として切磋琢磨を続けたこの十数年。ひとつのサイクルを終了した今、「もっと本能的な生き方をしたいと思うことがある」という言葉も出る。


これまでとは違う道の歩き方をするような気がしますね。これまでは本能的なものを押さえ込んで、知識欲や好奇心で進んできたところがあった。頭で考えてしまうことが多かったし、職業的にもそれが必要なことだったんです。40歳までにアメリカに行きたいという夢が叶って、区切りがついた感じがあります。点と点をつなげて、ひとつの線にしていくことが今後の自分の課題。文化というのは、ひとつの道筋だけでなく、複数の文化の接木の部分に最も豊かなものが生まれるものだと信じているんですよ。だから、遠い点と点を結んで、手付かずになっているところを豊かにしていくことが、私のやりたいことなのかなと考えています。



取材・文:小田島久恵


◆TOKYO FM 夢の第九コンサート2012
  指揮:西本智実

[日程]12月18日(火) 18:00開場 / 19:00開演
[会場]東京国際フォーラム ホールA

☆チケット情報はこちら
西本智実 TOKYO FM 夢の第九コンサート2012

撮影:青柳聡

西本智実 TOKYO FM 夢の第九コンサート2012

西本智実 TOKYO FM 夢の第九コンサート2012

TOKYO FM 夢の第九コンサート2011より