チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

チケットぴあインタビュー

EXILE ATSUSHI

EXILE ATSUSHI
(2012.12.5)
EXILE ATSUSHIが、ソロ名義では初となるシングル『MELROSE ~愛さない約束~』を12月5日にリリース。収録されたのは、EXILEとして歌う楽曲とは少し違う、冬にぴったりな静かなラブ・バラード4曲。どれも、ピアノやギターなど有機的な音に、ATSUSHIの繊細な声がよく映える……、鉛色の空に、澄んだATSUSHIの声が冴え渡るような、そんな楽曲たちだ。全曲バラードというのは珍しい。それは、ATSUSHIのある決意ゆえ、本作には特別な“想い”込められているから。全作詞を手掛けたのも、もちろんATSUSHIだ。彼が本作でつむぐ“物語”は、まるで一遍の短編映画のような“ラブ・ストーリー”だ。彼は「渾身の1枚だ」と言い切った。

――これまでEXILEでの両A面シングルとしてのリリースはありましたが、今回、初めてEXILE ATSUSHI名義のソロ・シングルがパッケージ化ですね。どんな心境ですか?

ATSUSHI:“満を持して”って言葉がぴったりですね。12年目にしてやっとリリースできました。道のりが長かったな(笑)。やっとここまでたどり着けて、素直に嬉しいです。



――楽曲について1曲ずつ解説をお願いします。まずは、表題曲『MELROSE ~愛さない約束~』から。

ATSUSHI:『MELROSE(メルローズ)』って、ロサンゼルスにある通りの名前なんですよ。仮タイトルでついていたんですが、聴いた瞬間に本当にロスのイメージが湧いてきて。映画のようなラブ・ストーリーを作りたくなって、自分で歌詞を書きました。なんらかの障害があって、互いに愛さないよう約束していたけれど、それでも“運命”で惹かれ合ってしまうカップルを描いた“大人のラブ・ストーリー”で、本当に切ないラブ・バラードです。



――ずっと大切にあたためて来た曲だそうですね?

ATSUSHI:楽曲との出合いはもう1年以上前になりますかね……。恋愛じゃないですが、“運命的な出合い”っていうか、出合ったときに衝撃がありましたね。“一目惚れ”したんです(笑)。初めて聴いて、とっさに「自分で歌いたい、歌詞を書きたい」って思いました。ドラマチックな雰囲気に秋の情景が浮かんで、どんどんインスピレーションが湧いて来ました。



――ずいぶん惚れ込んだみたいですね(笑)。特にどういったところに惹かれたんでしょう?

ATSUSHI:流行とはまったく違う、往年のR&Bのビートが自分のなかにしっくりきたんです。それから、ギターの音とか、全体的にオーガニックなニオイがして、とても好みのタイプでした。



――プロモーション・ビデオの撮影もロスで行ったそうですね。ATSUSHIさんの自然体な姿が印象的でした。

ATSUSHI:映像やストーリーにも僕の意見が反映されていて、トレンチコートやギターなんかは、自分のイメージを具現化できましたね。ロケは久しぶりで、スタジオと違って、自然に上を向けるというか、すごく大きな気持ちになりました。仮想のストーリーでも、空のむこうに誰かいるような想いで、自然のパワーで歌えたかな。最後に出て来る大岩の上でのシーンは、演技やつくられたものではなく、情景に自分が溶け込むように心からの自然な表現が出来ました。



――2曲目の『Living in the moment』についてはいかがですか?

ATSUSHI:EXILEのライブではパーカッションで活躍していたり、僕のソロ曲『願い』『Ooo Baby』などを作ってくれた、僕のツボをよく知っている、アーノ・ルーカス(Arno Lucas) が手掛けた楽曲ですね。男の心の中の“小さなストーリー”を静かに語るように作りました。決して、シングルのA面にはならないような曲ですが、こういう静かな良さがあると思って、とつとつと歌っています。夜にお酒を飲みながら、さらっと聴いて欲しいです。



――『My “SHERO”』は? たくさん叫んでいますね。

ATSUSHI:“SHERO(シーロー)”は“HERO(ヒーロー)”の造語で、男性から見たときの女性に対する思いを歌っています。尾崎豊さんの『SHELLY』みたいに、仮想のだれかの名前を何度も叫ぶような曲が好きで、いつかそういう曲を作りたいとずっと思っていたんです。やっとそういう曲に出合えた、という思いです。『Living in the moment』とは違って、激しく叫ぶような曲で、歌うのも大変(笑)。“ボーカリスト心”をくすぐるというか、歌い甲斐があるというか。キーも高いし、叫び甲斐があります(笑)。



――最後の『二人の未来』は、前の3曲とは少しテイストが異なりますね。

ATSUSHI:最後に、切ないけれども、やっと幸せな雰囲気が出て来る感じですね。32歳の僕よりは、もう少し若いときを歌った、夢と恋の両立をテーマに、明るい未来を目指した曲。「夢を捨ててつきあっても、将来は幸せかわからない」という不安をかかえた時代を歌っています。学生の方が聴いて共感してもらえたらいいですね。大人の方々には、こんな時代があったな、と捉えてもらえたら嬉しいです。



――4曲すべてがラブ・ソングですよね。なにか意識した部分があるのでしょうか?

ATSUSHI:人生観だとか、愛(ラブ)、夢(ドリーム)、幸せ(ハピネス)といったものは、ソロでもEXILEでも歌ってきたので、今回は違うものにしようと思ったんです。冬にリリースするので、季節を感じられるラブ・ストーリーでまとめたバラードにしてみよう、って。今までやったことがなかったので挑戦してみました。マキシ・シグルですが、4曲通して、アルバムのように聴いてもらいたいです。 ……それから、ソロとしては、R&Bっぽい曲はこの作品でとりあえず一区切りにしようと思っていて。そんな想いもあって、「今回は、渾身の1枚」という思いを込めました。



――それはどういった心境から? 今後のATSUSHIさんの活動・展望をおしえてください。

ATSUSHI:先日、ソロ・ライブを終えました。「命を歌う」をテーマに、『ふるさと』や『赤とんぼ』などの童謡や、中学生と一緒に作った曲『煌めきの歌』などを歌いました。ソロ・ライブが終わって、あらためてソロでやるべきことや目標が明確に見えました。来年から、“日本の心を歌う”ことをテーマに活動するつもり。“日本の心”を自分がどれだけ歌えるか挑戦しようと思います。 老若男女を問わず、日本中の方に愛してもらえるような曲を作っていきたい。来年は、また違ったATSUSHIを見せられると思うので期待してください。



EXILE ATSUSHIの初シングル『MELROSE ~愛さない約束~』は、12月5日(水)発売!


★EXILEの公式サイトはコチラ

★EXILE ATSUSHIのアーティストページ・お気に入り登録はコチラ

★EXILEのアーティストページ・お気に入り登録はコチラ




■EXILE ATSUSHI 初シングル『MELROSE ~愛さない約束~』 12月5日(水)発売
EXILE ATSUSHI 初シングル『MELROSE ~愛さない約束~』 □CD+DVD 【RZCD-59273/B】¥1,890(税込)
【CD収録内容】
1.MELROSE ~愛さない約束~ / 2.Living in the moment / 3.My “SHERO” / 4.二人の未来 / 5.MELROSE ~愛さない約束~(instrumental) / 6.Living in the moment(instrumental) / 7.My “SHERO”(instrumental) / 8.二人の未来(instrumental)

【DVD収録内容】
MELROSE ~愛さない約束~(Music Video)
□CDのみ 【RZCD-59274】¥1,260(税込)
【CD収録内容】【RZCD-59273/B】のDisc-1 CDと共通