チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

@ぴあインタビュー

「裏切りの街」 三浦大輔×秋山菜津子×松尾スズキ

「裏切りの街」 三浦大輔×秋山菜津子×松尾スズキ

小劇場界で危険な匂いが立ち込める作品を提示し、異彩を放ってきたポツドールの三浦大輔が、ついにパルコ劇場に初進出。出演者には、三浦が「好きだった」女優・秋山菜津子と、「これまで影響を受けてきた」松尾スズキを迎える。「危険でハード」という噂を聞いて、多少の不安を抱えながら出演オファーを受けたふたり。その彼らを中心に、三浦は「人間が裏切る行為の、善と悪との曖昧さ」をエンタテインメント作品として描くという。映画監督としても『ボーイズ・オン・ザ・ラン』でメジャーデビューした彼の最新舞台は観逃せない。

──今回、松尾さんと秋山さんをキャスティングされた理由を教えてください。



三浦「おふたりとも好きな役者さんだったのと、書きたい役に合っていたのと、ですね。秋山さんは舞台を観ていて、一度ご一緒したいと思っていて。松尾さんは、僕がずっと影響を受けてきた方。ご一緒する機会ができて、恐縮しています」



松尾「僕も、三浦さんは大好きな脚本家さん。王子小劇場の時代から観ていますから」



──松尾さんにはどういう役を書かれるんですか?



三浦「松尾さんは、秋山さん演じる主婦の旦那さんの役なんですけど、社会に溢れているような誠実な普通のサラリーマンを演じて欲しいなと思っていて。いつも舞台で観ているような松尾さんのイメージに囚われそうだったんですけど、逆にそういう役を演じてもらったら面白くなるかなと」



松尾「それを聞いて、大冒険だと思いましたね。普通の役か……できるのかなぁって(笑)。いつも飛び道具のように、びっくりさせようと思ってやってるつもりはないんですけど(苦笑)、今回は何もやらないことでびっくりさせようかなと思ってはいますね」



三浦「そうなんです! 松尾さんが出てきたらお客さんは何かを期待すると思うんですけど、その期待を裏切った形で見せたいんです」

秋山「飛ばない飛び道具みたいな感じで、良いじゃないですか(笑)」



──秋山さんにはどういう役を考えていらっしゃるんでしょうか?



三浦「今回、秋山さんにお願いしたいのは、大人になっているのに子どもじみているようなダメな大人、ダメな主婦なんです。秋山さんが持つ色気で、ダメな大人の弱い部分や情けない部分を見てみたいと思っていて。色気がありつつもダメだっていうのは、これまでの秋山さんのイメージ通りかもしれませんけど、でも、いつものダメさがカッコいい秋山さんじゃなくて、本当にみっともない秋山さんが見たいなぁと思っているんです(笑)」



秋山「ダメで不幸な役って結構多いから、私も普段と違う感じが良いなぁ。もう、とことんダメな感じでお願いします! 三浦さんが“やれ”と言ったことは何でもやりますから。初めてご一緒する方とのお仕事は緊張しますけど、楽しみでもあるんです」



三浦「今回の作品は、もう本当に秋山さんの色気ありきなので、よろしくお願いします」



取材・文:金田明子  撮影:源賀津己
衣裳協力:VICTRIA WEBB,TWO POLE,O・KI・DO・KI,2nd-Boom


▼『裏切りの街』
【東京公演】5月7(金)~30日(日) PARCO劇場
【大阪公演】6月5日(土)・6日(日) 森ノ宮ピロティホール
【福岡公演】6月8日(火) 福岡市民会館 大ホール

[作・演出]三浦大輔
[出演]
秋山菜津子/田中圭
安藤サクラ/古澤裕介/米村亮太朗/江口のりこ
松尾スズキ