いとうせいこう(イトウセイコウ) のチケット情報

お気に入り登録する
いとうせいこう
いとう せいこう(本名:伊藤 正幸(読み同じ) 、1961年3月19日 - )は、日本のタレント、小説家、作詞家、ラッパー、俳優、ベランダーとして幅広く活動するクリエイター。株式会社エムパイヤ・スネーク・ビルディング取締役。2008年3月より株式会社キューブに所属。身長169cm、体重63kg。

経歴・人物
葛飾区鎌倉町出身。父の伊藤郁男は元参議院議員で民社党政審副会長を務めた。

東邦大学附属東邦高等学校を経て、早稲田大学法学部へ進学。在学中からピン芸人として活動を始める。ニッポン放送からパーソナリティとしてのオファーがあったが、逆に裏方でラジオの仕組みを勉強したいと頼み、タモリの「オールナイトニッポン」のADをした。その傍ら、高原兄がパーソナリティだった時代の「ヤングパラダイス」では「穴ほりマン」として中継レポーターを務めていたこともある。

1984年、大学卒業後は講談社に入社。『ホットドッグ・プレス』などの編集部を経て、1986年退社。ヒップホップMCとして活動する傍ら、執筆活動も行い、1988年に発表した処女小説『ノーライフキング』は第2回三島由紀夫賞、第10回野間文芸新人賞の候補作ともなった。2006年より、園芸ライフスタイルマガジン『PLANTED』(毎日新聞社)の創刊編集長を務める。2013年、東日本大震災をテーマとした小説『想像ラジオ』が、第26回三島由紀夫賞および第149回芥川龍之介賞候補となり、第35回野間文芸新人賞受賞。「鼻に挟み撃ち」で、第150回芥川龍之介賞候補。現在は、近畿大学国際人文科学研究所の客員教授を務めている。

音楽
日本にヒップホップカルチャーを広く知らしめ、本格的にラップ・ミュージックで表現したアーティストの一人である。アフリカン・アメリカンのラップというスタイルを単に模倣したのではなく、日本語の表現方法の可能性を意識的に追求した点でその後の表現者たちに多大な影響を与えている(この点については日本のヒップホップを参照)。後に、MCUやKOHEI JAPAN、YOU THE ROCK、スチャダラパー、宇多丸らが影響された事実を語っている。

1992年には藤原ヒロシとサブリミナル・カームを結成。ヴォーカルを中心としたアルバムを発表。収録された「かすかなしるし」は、須永辰緒によってカヴァーが出されている。

ラッパー時代は宮
「いとうせいこう」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年04月21日(日) 13:20UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「京都・醍醐寺」展 〈仏像大使トークショーセット券〉

    相変わらず二人のトークは楽しかったですが、マイクのスピーカーが調子悪くて☆マイナスです。

    あつ
  • ジョンソン&ジャクソン「ニューレッスン」

    無意味な会話が延々と1時間45分続く。ストーリーもあるんだかないんだか。最初のシーンから最後まで笑いっぱなし。お腹の底から笑いが捻れながら飛び出してくる。止めようにも際限なくこみ上げる。出演者の緊張感が更に笑いを増幅してたように思う。役者の高度な技量無くしてこれほどまでに楽しい芝居にはならないだろう。

    mugivo
  • ジョンソン&ジャクソン「ニューレッスン」

    最初から最後までシュールでバカでくだらない。 出演俳優紹介のベタな感じとか、単純に変な格好をするとか普通はやらない所を全部やります!と言われているよう。普通じゃないけど、普通ってなんだと思わされるような舞台でした。しかし、それには相当の腕がないと出来ないなと思いました。 みんなもっと売れてしまえばいいのだ。

    ヌルタ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

いとうせいこう のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み