稲垣潤一(イナガキジュンイチ) のチケット情報

お気に入り登録する
稲垣潤一
稲垣 潤一(いながき じゅんいち、1953年7月9日 - )は、日本の歌手、ミュージシャン。本名同じ。宮城県仙台市宮城野区出身。血液型はO型。身長173cm。

来歴・人物
父親は東京都板橋区、母親は兵庫県神戸市出身で、父が終戦後、満州からの妻の疎開先・宮城県宮崎村に引き揚げ、仙台市に移り住んだ後、潤一が生まれた。

仙台市立東華中学校を経て、宮城県工業高等学校卒業。

中学に入り本格的なバンド活動を始め、仙台にて「フェイセス」を結成。その後、仙台のライブハウスや横須賀や立川の米軍キャンプ等で演奏を続けるうち、「スーパーポップボーカル」というキャッチコピーで1982年(昭和57年)に「雨のリグレット」でデビュー。以降、次々とヒットを飛ばす。

現在では自作曲もあるが、そのレパートリーは他の作詞・作曲家提供による楽曲がほとんど。その後もシングルのタイトル曲は自作していない。

1984年には俳優・神田正輝のシングル「マティーニの後で」のB面「ひき潮」の作曲を担当した。

「思い出のビーチクラブ」(1987年カナダドライ・ジンジャーエール)、「セブンティ・カラーズ・ガール」(1989年初春のカネボウ化粧品)、「APRIL」(1986年三洋電機)などのCMソングも多数。

デビュー当初は、東芝EMIとの契約だったが、後にファンハウス(現:アリオラジャパン)に移籍し、ファンハウスを傘下にする前のBMGビクター・BMGジャパンを、さらにテイチク傘下のコンチネンタル・レーベルを経て、やはりテイチクエンタテインメント傘下のインペリアルレコードに所属。2007年より、ユニバーサルミュージック・USM JAPANレーベルに移籍。なお、BMG(air Records)時代のものを除き(2013年にソニー・ミュージックダイレクトから再発されている)、Imperial Records時代までの楽曲の原盤権はフジパシフィック音楽出版が管理しており、2008年(平成20年)にUSM JAPANレーベルからファンハウス以前のアルバムが再発された際には、フジパシフィック音楽出版のライセンシーによりリリースされている。

映画『アイ・ラヴ・ユー』の音楽監修も務め、主題歌・挿入歌を担当している(挿入歌は、同じくテイチク所属のSALAHも担当)。

既婚だが、最初の妻とは死別している。2009年(平成2
「稲垣潤一」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月26日(金) 11:27UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 稲垣潤一

    40代50代にはたまらない、青春時代を思い出す曲は、会場が一体となって盛り上がります!稲垣潤一の曲は、何回聴いても胸の奥が高鳴ります。

    ねこまま
  • 夕刊フジ ミュージック presents 林哲司 produce AOR JAPAN Live

    よかった~の一言です! 素晴らしいジョイントが聴けて最高でした。

    よっちあや
  • 稲垣潤一

    稲垣さん、お疲れ様でした。最初の1曲から前回の、ティアラこうとう、1月のコンサートと違っていて、ビックリしました‼️でも、振り向き階段、P.S抱きしめたい、リワインドまで❤️私の大好きな曲ばかりで、ずっと胸がキュンキュンしてました

    ふうくん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

稲垣潤一 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み