宇崎竜童(ウザキリュウドウ) のチケット情報

お気に入り登録する
宇崎竜童
宇崎 竜童(うざき りゅうどう、1946年2月23日 - )は、日本の芸能人、歌手、作曲家、俳優、エンターテイナー、映画監督。京都府京都市伏見区出身。

1970年代中期から1980年初頭にダウン・タウン・ブギウギ・バンド、1980年代中期から1990年代初頭に竜童組、1990年代中期から後期に宇崎竜童 & RUコネクション with 井上堯之を率い、バンドの活動の合間にソロとしても活動する。妻は作詞家の阿木燿子で、「作詞阿木・作曲宇崎」のコンビで、商業主義の歌謡曲を数多くヒットさせ、歌手山口百恵の全盛期を支えた。

経歴
生い立ち
母親の出身地で疎開先だった京都市伏見区に生まれる。なお、母方のルーツは京田辺市である。生後間もなく東京に引っ越して、中学卒業まで代々木上原で育った。渋谷区立上原小学校、明治大学付属中野中学校・高等学校、明治大学法学部卒業、中学3年生の時に父の会社が倒産し、一家は豪邸から借家生活となる。

明大付属中野中学・高校時代はブラスバンド部に所属し、明治大学時代は軽音楽クラブに所属しトランペットを担当していた。大学の軽音楽部で阿木燿子と知り合い作曲活動を始める。両親の手前もあり、プロを目指すことはなかった。大学卒業後、内田洋行に就職したが性に合わず1か月で退社した。

その後、義兄の経営する大橋プロでマネージャーを務め、バンド時代の松崎しげるをスカウトし2年間マネジメントを担当するが、ここも退社した。1969年、大橋プロ在籍時に阿木作詞・宇崎作曲のコンビで手掛けた、ジュリーとバロンのシングル「ブルー・ロンサム・ドリーム」でプロ作家デビュー。

プロデビュー
コンサートに飛び入り参加したのがきっかけでレコード会社から声がかかり、1973年に「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」を結成。シングル「知らず知らずのうちに」でデビューした。1974年に出した「スモーキン・ブギ」がヒットし、白いつなぎルックと共に脚光を浴びる。さらに翌年リリースしたシングル「カッコマン・ブギ」のB面曲である「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」がヒット、曲中のセリフ「あんたあの娘のなんなのさ」は流行語となり、この曲をもとに映画まで作られた。また「商品には手を出すな」もラジオでオンエアされ、話題となった。また、「キャロル」と「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」は、デビュー時期は異なり
「宇崎竜童」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月29日(木) 03:44UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 阿木燿子プロデュース 宇崎竜童 ロックンロールハート2019

    最高でした。アーティストと観客が、一緒に楽しめる仕掛けもあり、70歳を超えたにもかかわらず、パワーが素晴らしい。阿木燿子さんの朗読も素晴らしかった。バックのアーティストのテクニックも最高。あっという間の時間でした。また参加したい。

    M.I
  • 宇崎竜童

    ダウンタウン初期時代以来の宇崎さんライブでした。宇崎さんは、体調が悪いのに終始パワフルなライブで興奮しました。特にアンコール2曲目の身も心もが始まった時には感激で涙があふれました。残念だったのは、公会堂に余りにも空席が目立ったこと。それと、宗教団体のような組織が動員をかけていたのか、宇崎さんファンとは違う不思議なグループが目につき、とても嫌な気分になりました。農協の芝居観劇ではないのですから、今回のような観客動員をされるようなライブには行きたくなくなります。

    まつとし
  • 宇崎竜童 ロックンロールハート2019

    休憩15分を含め、終演が20:50過ぎになり、ダラダラと間延びした。 前回、同じ新歌舞伎座で聴いた「弾き語りコンサート」の方が、ずっと良かった。

    鈴蘭台
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

宇崎竜童 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み