ウルフルズ のチケット情報

お気に入り登録する
ウルフルズ
ウルフルズ(ulfuls)は、日本のロックバンド。1988年結成。1992年、東芝EMIからシングル「やぶれかぶれ」でデビュー。公式ファンクラブ名は「ウルフルクラブ」。

概要
1988年、英語の歌詞を用いたネオ・サイケデリアバンド、D'fで活動していたウルフルケイスケが、大阪・中津のインド喫茶「カンテ・グランデ」(通称:カンテG)のバイト仲間であるトータス松本を何度かセッションに誘ったのち、D'fを脱退。松本らとともにウルフルズを結成。その後、ドラマーが脱退したため、客としてライブに来ていたサンコンJr.を勧誘。バンドに迎え入れた。

バンド名は、ケイスケお気に入りのLPレコードのジャケットの帯にあった「ソウルフル」が、改行のため「ウルフル」と読めたことに由来。意味はない。またオオカミとは無関係。

1990年6月に東京での初ライヴ。1992年5月13日に東芝EMIからシングル「やぶれかぶれ」でデビュー。6月17日ファーストアルバム『爆発オンパレード』をリリース。売り上げが伸びず、しばらく迷走状態となるが、1994年よりプロデューサーに伊藤銀次を迎え、少しずつ認知度を上げて行く。

1995年11月、専修大学の学園祭で演奏。10月にデビューしたばかりのハイロウズの前座をつとめる。

1996年、9枚目のシングル「ガッツだぜ!!」、続く10枚目のシングル「バンザイ 〜好きでよかった〜」、サード・アルバム『バンザイ (アルバム)』をリリース。アルバム『バンザイ』は100万枚を超える累計売上を記録した。同年、NHK紅白歌合戦に初出場。その際「『ガッツだぜ!!』の歌詞の一部が卑猥だ」として歌詞を変えるか否かが問題となり、最終的に一部分のみを変更した。

1999年、ベーシストのジョン・B・チョッパーが脱退し作家に転身。3人編成となる。

2001年、「明日があるさ」をリリース。同年、吉本興業オールスターズとも言えるとのコラボレーションで再び紅白歌合戦に出場した。

2002年『ウルフルズ10周年5時間ライブ!! 〜50曲ぐらい歌います〜』にジョン・B・チョッパーが出演。2003年6月1日に日比谷野外音楽堂にて行われたフリーライブにて正式に復帰、再び4人編成となった(ジョン・B脱退時、ライブやレコーディングを支えていたベーシストは、順にCHIROLYN、上野イチロー、高橋"
「ウルフルズ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月01日(月) 22:39UTC
公式サイト
公演レビュー
  • ONE PARK FESTIVAL2019 1日券

    2日目参加しました 出演アーティスト、会場の場所、規模、飲食のブース、お客さん、すべて良かったです! とってもいいフェス! ぜひ来年もやっていただきたいです!

    ziji
  • ONE PARK FESTIVAL2019

    とにかく街中で気軽に参加できるフェス。託児所や遊び場もあって子連れでもOK!フードも充実!新しいフェスの形だと思います!アーティストのパフォーマンスも勿論言うことなし!来年も開催決定なので初めての人もリピーターも絶対2DAYSがおススメです!

    Bon Bon
  • ウルフルズ

    ヤッサzeppバージョン? って感じで楽しめました。 来年6月待ってます❗

    ゴリto我孫子
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

ウルフルズ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み