北島三郎(キタジマサブロウ) のチケット情報

お気に入り登録する
北島 三郎(きたじま さぶろう、1936年(昭和11年)10月4日 - )は、日本の演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家、馬主。

『函館の女』に始まる「女」シリーズ、『兄弟仁義』などの「任侠」シリーズなど、数多くのヒット曲がある。

一般にはサブちゃんという愛称で呼ばれているが、原 譲二(はら じょうじ)のペンネームでも知られ、自身の楽曲の作詞・作曲ばかりでなく自身の舞台のシナリオ・演出や、北島ファミリーはじめ、他の演歌歌手への楽曲提供等、マルチな活動を精力的に行っている。

作曲家・船村徹門下出身で、門下生で作る「船村徹同門会」(会長・鳥羽一郎)では名誉相談役を務める。

来歴
デビューまで
北海道上磯郡知内村(現:知内町)出身。北海道函館西高等学校に進学した。高校時代、海で溺れた小学生を救助したという逸話がある(この人命救助の件は当時の函館新聞にも掲載され、その記事が函館市の北島三郎記念館に飾られている)。高校在学中に函館で開催された『NHKのど自慢』に出場する。この時、鐘は2つだったが、司会の宮田輝から「良い声して学生さんですか?お上手でしたのにねえ…」と優しく声をかけられた事で、「歌やれば歌手の道あるかな?」と思う様になり、結局それが歌手への目覚めの第一歩になったという。

1954年、17歳で高校を中退後、東京の親族を頼って18歳の時に上京し、当初は東京声専音楽学校(1989年、昭和音楽芸術学院に改称。2007年閉校)に入学。しかし歌謡曲志向であった為、渋谷を拠点に流しの仕事をしながらデビューを目指す。この頃に北島が当時都内で下宿していたアパートの大家の娘であった雅子(後の北島音楽事務所社長→副会長)と結婚。1959年11月30日、挙式。北島がレコードデビューする約3年前の挙式だった。式に出席したのは両家合わせて21人だけだった。北島は定収がなく、夫人の両親から結婚を反対されたと後に語っている。

1960年、流しの収入は3曲100円だったが、ある日羽振りの良い客が1000円を出してくれた。礼を言い1曲歌うと翌日に新橋の喫茶店に呼び出された。その相手は北島の評判を聞きつけた日本コロムビアの芸能部長で、この時、喫茶店で引き合わされたのが作曲家、船村徹だった。この時の事を振り返り北島は「こういうちょっとした出会いなんだけど、僅かな出会いが人生で物凄い出会いになって
「北島三郎」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月21日(水) 16:25UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 北島三郎コンサート2019「歌と共に…」

    まぁまぁ良かったです

    春美
  • 北島三郎 オンステージ2019 歌と共に・・・

    北島三郎さん、数年ぶりに会えてよかったです。 今年は、生バンドの迫力がすごかったです。 さぶちゃんはさすがに、高齢化なのか、歌声が聞けたのは50%くらいです。 その分、原田さん、大江さんの歌声がたくさん聞けました。 それにしても、大江君、歌うまくなりました。そして北島先生とよく似ています。 目を閉じるとわからないほどよく似ていました。 次回も機会があれば行きたいですね。

    神戸175
  • 北島三郎オンステージ2019 歌と共に・・・

    楽しめました!さぶちゃん82歳とは思えない声量・迫力、あの歌声はテレビでは体感できません。一時期は病気で声がでなかったようですが・・・。また原田悠里さんの完成した歌声、そして大江裕さんもいい感じに歌声が成長している印象を受けました。

    かずかずかず
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

北島三郎 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み