キャラメルボックス のチケット情報

お気に入り登録する
キャラメルボックス ロゴ
演劇集団キャラメルボックス(えんげきしゅうだんキャラメルボックス、theater company caramelbox)は、株式会社ネビュラプロジェクト(Nevula Project Corporation)が運営する日本の劇団。現在の英名は「theater company caramelbox」だが結成当初は「playing team caramelbox」だった。"人が人を想う気持ち"をテーマとしている。

来歴
1985年(昭和60年)、早稲田大学の演劇サークル「てあとろ'50」出身の成井豊や加藤昌史らが結成した。名称は成井が学生時代に書いた戯曲『キャラメルばらーど』に由来する。結成当初は「社会人劇団」として年2回公演を行い、3年目の1988年(昭和63年)からはプロとして年間3〜4公演を行うようになる。
1991年(平成3年)、キャラメルボックスの運営会社として株式会社ネビュラプロジェクトを設立し、社長に加藤が就任する。
1995年(平成7年)、当時劇団員の上川隆也がNHKドラマ『大地の子』に出演して注目を浴び、観客動員数が増加した。動員数は1990年(平成2年)冬に1万人、1996年(平成8年)春に3万人、1998年(平成10年)夏に4万人、そして2003年(平成15年)春には5万人を突破する。累計では、2008年(平成20年)春に200万人に達するとみられる。
2012年(平成24年)、CSC結成20周年。
2015年(平成27年)、劇団結成30周年を迎えた。DMM.comにて公演映像の配信サービスを開始した。

概要
脚本・演出
脚本・演出は、劇団創立から成井豊が担当している。1993年(平成5年)から創立メンバーである真柴あずきも脚本を執筆するようになり、後に成井と真柴が協働するのが主流となっている。海外作品は翻訳のまま使わず、成井と真柴が新たに書き上げた脚本をオリジナルとして上演している。また、成井が宮沢賢治や宮崎駿の影響を受けているため、純粋な悪役はほとんど登場しない。
なお、本公演外では成井と真柴が関わらない作品がある。チャレンジ公演では恩田陸が原作・脚本。新人公演では、他劇団所属の高橋いさを(劇団ショーマ所属)・土田英生(MONO所属)が脚本を担当している。
このほか、高等学校における文化祭等での上演も多い。劇団側は演劇振興のため、成井原作・
「演劇集団キャラメルボックス」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年12月17日(月) 14:36UTC
公式サイト
公演レビュー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

キャラメルボックス のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み