群馬交響楽団(グンマコウキョウガクダン, GUNMA SYMPHONY ORCHESTRA) のチケット情報

お気に入り登録する
群馬交響楽団
公益財団法人群馬交響楽団(ぐんまこうきょうがくだん、Gunma Symphony Orchestra)は、群馬県にある常設のオーケストラである。日本の地方管弦楽団の草分け的存在で、高崎市を本拠地として活動する。「群響」の愛称で多くのクラシック音楽愛好家に親しまれている。日本オーケストラ連盟正会員。

沿革
1945年、高崎市民オーケストラとして創設した。翌1946年に群馬フィルハーモニーオーケストラと改称、1947年にプロ化した後、1949年に財団法人が設立され、1963年に現在の名称に改められた。

1955年、群馬交響楽団をモデルに制作された映画『ここに泉あり』が公開されて全国的に注目を集め、翌年には文部省により群馬県が全国初の「音楽モデル県」に指定された。さらに1961年、高崎市民の全面的な支援を受けて同市に群馬音楽センターが建設され、これを拠点としてさらに幅広い活動が展開された。また、1947年5月に始めた移動音楽教室では、2004年度までに延べ570万人以上の児童・生徒が鑑賞しているのをはじめ、県内各地での演奏活動の展開により、群馬県の文化の象徴として県民から幅広く支持されている。

1963年、楽団の運営をめぐり一部の理事と楽団員達の間に軋轢が生じ、7月13日には楽団員32名のうち21名が退職届を提出する事態に発展した。これに対して会長(高崎市市長)は「去るものは追わない」として、提出された退職届をそのまま受理するなどした。

1968年に、群馬県の依頼で制作された「群馬県の歌」を演奏し、現在でも群馬テレビの毎日放送開始時と放送終了時に放送されている。

1994年には「プラハの春国際音楽祭」「(省略)」から同時に招待を受け、音楽監督高関健指揮のもと、4か国を巡る海外公演を実現した。翌1995年の創立50周年には、東京および群馬県内各地でベートーヴェン交響曲連続演奏会を行った他、50周年記念委嘱作品『オーケストラのための遠景Ⅱ』(細川俊夫作曲)を東京・群馬で初演し、高い評価を得た。

2001年からは、日本の音楽界を牽引している楽団として、文化庁の「芸術創造推進事業(アーツプラン21)」支援団体に指定されている。2003年には、5月に定期演奏会が400回を数えるとともに、同年10月のNHKテレビ番組『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』で団の草創期が紹介され、
「群馬交響楽団」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年04月03日(水) 23:26UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 群馬交響楽団

    大盛況の素晴らしい演奏でした。 ブルックナー8番は初めて聴きました。 4楽章のモチーフの重なりが立体的に聴こえてきました。 開演前の解説もわかりやすく、ノヴァーク版もいつか聴いてみたいと思いました。 都内から出かけて良かったです。 また、群響演奏会、楽しみにしています。 そして、クリスティアンアルミンクさまのまたの来日を楽しみに待っています。

    Ree
  • 「第11回 国際オーボエコンクール・軽井沢」入賞者コンサート

     毎年、小ホールに行っていますが、今回、第1位を受賞した荒木奏美さんのMozartは最高でした。 力強く、滑らかで、シュレンベルガーさんとのアイコンタクトも微笑ましく、こんなMozartは初めてでした。  コンチェルトの最初から皆が静寂の中、オーボエの音色が響きわたり、久々に琴線にふれた一時でした。  これからの荒木さんのコンサートは欠かせません。               Oboeの大好きなじいさん!!!

  • 歌謡チャリティーコンサート

    NHKの録画取で 普段テレビでしか見ることのできない 大物歌手の迫力ある歌を聴くことができて 感激です。TV放送を楽しみにしています。 最高でした!

    utti-
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

群馬交響楽団 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み