ケラリーノ・サンドロヴィッチ のチケット情報

お気に入り登録する
ケラリーノ・サンドロヴィッチ(1963年1月3日 - )は、東京都出身のミュージシャン、劇作家、俳優、脚本家、演出家、映画監督。日本大学鶴ヶ丘高等学校、横浜放送映画専門学院(現:日本映画大学)卒業。

インディーズレーベル「ナゴムレコード」主宰。劇団「ナイロン100℃」主宰。

別名義・ケラ(KERA名義でも活動)。本名は小林 一三(こばやし かずみ)。妻は女優の緒川たまき。キューブ所属。

人物
父親はジャズ・ミュージシャン。森川信が近所に住んでおり、小学校時代は喜劇役者になるのが夢だった。日本大学鶴ヶ丘高等学校で演劇部に入部。

喜劇映画を愛するあまり、1976年に「喜劇映画研究会」を創設。マルクス兄弟など当時の日本では、鑑賞不可能だったアメリカの古典コメディ映画の自主上映活動等を行い、1985年まで、同会の代表をつとめた。また、高校在学中でありながら、明治大学の映画・演劇サークル「騒動舎」にも参加していた。

その一方、ケラの芸名で、バンド「有頂天」やインディーズレーベル「ナゴムレコード」の運営にあたる。芸名の由来は、学校の演劇部に入る際オーディションで自身が歌った「虫けらの歌」により「ケラ」のあだ名をつけられたからという。

音楽関係においては、自ら参加する有頂天、空手バカボン、LONG VACATION、ケラ&ザ・シンセサイザーズでの活動に加え、ナゴムレコードから筋肉少女帯、死ね死ね団、たま、ばちかぶり、人生(電気グルーヴの前身)など、個性の塊の様なバンドを積極的に取り上げ、石野卓球・ピエール瀧・大槻ケンヂ・田口トモロヲなど多数の才能を見出し発掘、輩出した。現在もミュージシャン「ケラ」(KERA)として活動する。

やがて小劇場での活動も開始させ、1985年に「劇団健康」、のち解散後の1993年に「ナイロン100℃」を旗揚げ。以来、主宰としてほとんどの作品の劇作・演出に携わっている。演劇分野では「ケラリーノ・サンドロヴィッチ」名義を使用。近年は音楽活動を継続しつつも、舞台人としての動きが特に目立ち、劇団にとどまらず外部公演への演出・台本提供も活発である。また並行して、広岡由里子とのユニット「オリガト・プラスティコ」と、作品ごとに異なる出演者・趣向で企画されるユニット「KERA・MAP」(ケラマップ)もプロデュースしており、いずれも不定期に公演を行っている。
「ケラリーノ・サンドロヴィッチ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月07日(火) 12:00UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「キネマと恋人」

    3年ぶりの待望の再演 再演ということもあり、キャスト同士の一体感がお芝居にも伝わってきて安心して見ていられました。客席からの笑いも沢山あり、作品のファンとしてとても嬉しかったです。 テープを使ったりする演出、映像とパネルを使った融合や、映像と壇上にいるキャストの掛け合いも見ていて楽しいです。 地方公演も楽しみです!!

    えりモコ
  • 「キネマと恋人」

    すごくおもしろかった。映像と演技の組み合わせが絶妙で驚いた。内容も笑う部分が多く楽しい中に話が進行して時間の経過を忘れた。

    sasayan
  • 「キネマと恋人」

    初演は見損なっていて、今回が初めての鑑賞だったけれど、ケラさんならではのオープニングから休憩をはさんで3時間、たっぷり堪能させてもらいました。ほろ苦い結末も含めて素晴らしかったです。

    wicket
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

ケラリーノ・サンドロヴィッチ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み