白井晃(シライアキラ) のチケット情報

お気に入り登録する
白井 晃(しらい あきら、1957年5月21日 - )は、日本の俳優、演出家。レコンオフィス所属(映像作品に関するマネージメントはエー・チーム)。

京都府生まれ、大阪府出身。大阪府立天王寺高等学校、早稲田大学教育学部卒業。

来歴
父親は電気技師で『プロポーズ大作戦』の「フィーリングカップル5x5」の電光板を作った。立命館大学在籍時、たまたま早稲田大学生による演劇を観て「同じ大学生なのに、ここまでできるのか」と感化され、「このメンバーと演劇をやりたい」と思い早大入学を決意。翌年の受験で晴れて合格、入学時より早大演劇研究会に所属。

早大卒業後、電通PRセンター(現・電通パブリックリレーションズ)勤務を経て、1983年12月高泉淳子とともに劇団「遊◎機械/全自動シアター」を結成、1984年3月旗揚げ公演。戯曲の演出および役者として活動する。舞台のほか、映画・テレビドラマ出演も数多い。

1989年から年末には、バイオリニスト・中西俊博を迎え、芝居とジャズ音楽を組み合わせたショー『ア・ラ・カルト 役者と音楽家のいるレストラン』を定期的に公演。(2008年の20周年をもって終了)

2002年10月公演の『クラブ・オブ・アリス』をもって、劇団の解散を発表。制作母体である「遊機械オフィス」は続行し、プロデュース公演を制作。

三谷幸喜作品に常連出演しており、三谷初のミュージカル作品『オケピ!』の2000年の初演ではサックス奏者を、再演の2003年には真田広之に代わって主演のコンダクター役を演じた。

2014年4月、KAAT 神奈川芸術劇場のアーティスティック・スーパーバイザー(芸術参与)に就任。8月に第1回プロデュース公演『Lost Memory Theatre』が上演。

2016年4月、KAAT神奈川芸術劇場の芸術監督に就任。

出演
舞台(出演)
* ア・ラ・カルト〜役者と音楽家のいるレストラン(1989年 - 2008年) ※構成も担当
* 滅びかけた人類その愛の本質とは…(1993年)
* ラストチャンスキャバレー(1994年) ※演出も担当
* S - 記憶のけもの - (2000年) ※演出も担当
* パードレ・ノーストロ(2002年)
* ノーセンス(2002年) ※演出も担当
* オケピ!(2003年)
* うら騒ぎ ノイゼズ・オフ(2005年) ※演
「白井晃」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月16日(日) 12:34UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「恐るべき子供たち」

    思春期の少年少女の危うさ・不安定さといった雰囲気が見事に表現された舞台でした。 病気の母親と暮らすエリザベート(南沢奈央さん)とポール(柾木玲弥さん)の姉弟。 雪合戦の最中、ポールはダルジュロス(馬場ふみかさん)の投げた雪に当たって怪我をしてしまいます。 友人のジェラール(松岡広大さん)は、雪に石が入っていたと言い、そのことが原因で、ダルジュロスは学校を去ってしまいます。 数年後、エリザベートは、ダルジュロスにそっくりなモデル・アガート(馬場ふみかさん)と知り合いになり……。 舞台には白い布で覆われた四角いステージがあるだけですが、その布を使って、雪を表現したり、場面転換をしたり、とても幻想的で美しい効果を生み出しています。 少年少女役が中心の4人(南沢奈央さん、柾木玲弥さん、松岡広大さん、馬場ふみかさん)は、思春期特有の無邪気さ、幼稚さ、純粋さ、悪意のない悪意のような複雑な心模様がよく描かれていたように思います。 特に、エリザベートの弟に対する歪んだ愛情や独占欲なんかは、まさしく「恐るべき」という感じです。 馬場ふみかさんも、アガートの時には、少年役(ダルジュロス)とはガラッと雰囲気を変えて、さすがモデルさんといった本職のウォーキングを披露してくれました。 救いがないラストではありましたが、何故だか後味はそんなに悪くなかったかな(良くもなかったけど)。 ストーリーなんかは全く違いますが、全体的な空気感は、以前観た(最近も再演された)『春のめざめ』に近い感じがしました(どちらも白井さん演出)。

    touch
  • 「恐るべき子供たち」

    舞台セットがとてもシンプルで照明と音楽と少ないキャスト。ですが、とても心に響く舞台でした。 スピーディに話が展開するので1人でもタイミング間違えると大変だなと改めて思います。 南沢さんは大人の女優さんになられたんだなと思ったし、柾木さんはこういったお芝居も出来るのか?と 思ったし、松岡さんは若いのに回し役は難しかったろうと思ったし、 馬場さんはあまり舞台をやられるイメージはなかったけれど惹きつけられるなと 思ったし、皆さんの今後が楽しみです。 そしてそして今回は子供達に花を持たせる大人キャストの方々が色んな役をされていて出番のたびに ガラッと変わられて流石だなと思いました。 まるで不思議な異空間に連れて来られたように感じた白井さんの演出はお見事でした。 1人でも多くの方が見られたら良いと思える舞台でした。

    アザラシ
  • 「春のめざめ」

    座席に恵まれた事もあり、キャストの熱演を間近でみられた素敵な時間でした

amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

白井晃 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み