鈴木康博(スズキヤスヒロ) /シンガー のチケット情報

お気に入り登録する
鈴木康博
鈴木 康博(すずき やすひろ、1948年2月18日 - )は日本のシンガーソングライター。オフコースの元オリジナル・メンバー。血液型はB型。身長182.8cm。通称は、ヤス、ヤスさん、yassと英語表記される事もある。

経歴
静岡県田方郡修善寺町(現:伊豆市)に生まれ、横浜市磯子区にて育つ。実父は京浜急行電鉄に勤務し、後に取締役になった。中学生の頃からアメリカンポップスに影響されギターを持つようになった。

横浜市立浜小学校時代に中学受験のために進学塾に通っていた電車(京浜東北線)内で小田和正と出会う。1960年、2人揃って聖光学院に進学した。聖光学院高等部3年時の学園祭では小田、鈴木、地主道夫、須藤尊史(横浜市立大学を経てシェル石油入社。ヨット界で有名)の4人でステージを披露した。これがオフコースの原点となる。

その後、東京工業大学に進学、制御工学(いわゆるロボット工学)を専攻した。小田、地主は東北大学に進学。東京・仙台と離れ離れになったが、頻繁に車(日産・ブルーバード)に楽器(鈴木は当初コントラバスを担当)を積んで行き来して音楽活動を続けていたという。ライブは主に横浜で行っていた。

1969年、小田、地主とともにジ・オフ・コースを結成。ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストに東北地区から出場。東北から出場したのは「東京だとレベルが高そう。東北のほうが勝ち抜きやすいのでは」という理由だったが、実際に出てみると東北地区も大変レベルが高く、最後まで勝ち抜けるか不安だったという。しかし東北地区1位となり、全国大会でも2位の好成績を残した(1位は赤い鳥)。大学卒業後、鈴木は内定していた安川電機への就職を断り、プロとして音楽の道に進む決意をする。

オフコースは数度のメンバー変遷を経て1972年より小田、鈴木の2人構成、後に清水仁、大間ジロー、松尾一彦を加えた5人構成で活動、一時代を築くグループとなった。この間、鈴木は小田とともに活動を支え続けた。オフコース時代の活動の詳細はオフコースの項参照。

1982年のコンサートツアー「over」にて日本史上初の日本武道館10日間公演を成功させ、最終日(1982年6月30日)のステージを題材にしたTV番組『NEXT』を制作後オフコースを離れ、ソロ活動を始める。

ソロ活動開始後は積極的に作品を創出し、約25年のソロ活動を通し
「鈴木康博」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年02月05日(火) 12:07UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 鈴木康博

    久しぶりに鈴木さんのライブを観た、元気そうで良かった。オフコース世代の私としては元気で活動されているのでやはり嬉しい。

    ナカゴン
  • 八神純子

    OK !

    大熊
  • 鈴木康博

    鈴木康博さんのライブははじめてで、思ってた以上にとても素晴らしかったです。 ギター1本でなのに、ものすごい迫力とすばらしい歌声が、とても驚きと感動で一杯でした。 ※最初にオフコース時代の曲から始まり鳥肌立ちました。 また、オフコースは中学時代にギターを始めたきっかけでもあるので、 そのお師匠さんでもある手元をまじかで生で見れたこともとてもいい思い出になりました。 これからも是非聴きに行きたいと思います。

    HAL2000
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

鈴木康博 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み