鈴木裕美(スズキユミ) /演出家 のチケット情報

お気に入り登録する
鈴木 裕美(すずき ゆみ、1963年12月30日 - )は、日本の劇作家、演出家。

略歴・人物
1982年、日本女子大学在学中に大学内で飯島早苗らと劇団「自転車キンクリート」を結成、1985年より飯島が脚本を書き、鈴木が演出に当たった。

結成のきっかけとして、高校時代の演劇部の先輩だった大石静が永井愛と二兎社を結成したことで、「自分もできるのでは?」と思ったからと語っている。

主たる演出作品として1987年の『水に絵を描く』、1992年の『ソープオペラ』があり、1994年に飯島との共同脚本による『法王庁の避妊法』はヒット作となった。

「自転車キンクリートSTORE」を含め、ほとんどの公演を演出。現在は小劇場から大劇場、ストレートプレイ、ミュージカルと多種多様なジャンルで精力的に活動している。

2011年、個人ユニット「鈴木製作所」を立ち上げた。

そのほか、NHK-BS2の深夜の演劇番組『深夜劇場へようこそ』(2002年4月8日から2007年3月12日まで放送)で林あまりとともに司会を務めていた。2014年からOMS戯曲賞選考委員を務めている。

演出作品
*1982年 『荒野の貧乏性』
*1984年 『ありがちなはなし -熱血美少女若き日のあやまち篇-』
*1985年 『フリーズドライハリケーン(ストローで飲む暴風雨)』『炎天下御免 バーミリオンの仕業』
*1986年 『虎ノ巻 切りかけのオベリスク』『MIDNIGHT UPRIGHT』『ウーマニッシュ』
*1987年 『SINDBAD HI-NOON(ふとどきな千夜一夜)』『シャンデリア・トラブル(若い夕立とさかさま双六)』『リンゴ畑のマーティン・ピピン』
*1988年 『リンゴ畑のマーティン・ピピン その2』『ほどける呼吸』『MIDNIGHT UPRIGHT うしみつ時のピアノ』
*1989年 『水に絵を描く』『100万ドル・ボーイ殺人事件』『アポカリプス・ラブ』『ガールフレンド』
*1990年 『しっぽを掴まれた夏』『一人二役』
*1991年 『朝は、七時』『ありがちなはなし -噂のジュリエット篇-』
*1992年 『トランクス』『ソープ オペラ』
*1993年 『Sweet On』『DUMMY』『ピロートーク』『絢爛とか爛漫とか』
*1994年 『トランクス』『蝿取り紙』『ダイヤルMを廻せ!』『
「鈴木裕美」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月22日(水) 07:23UTC
公演レビュー
  • 「宝塚BOYS」

    初演からずっと観てきて今日が一番若いBOYSでした。一生懸命、涙と汗が飛び散る熱意溢れる舞台でした。歌もダンスももうひと頑張りというところですが今しか持てない若さの煌めきが眩しかったです。 再演があるのなら成長した彼らにまた会いたいと思います!

    いばら姫
  • 「宝塚BOYS」

    ●ストーリーも分かりやすいし、笑い0ってわけでもなく、最後のシーンは圧巻だし、「舞台?2.5しか観たことなーい!」っていう人が見ても楽しめる(楽しくないけど楽しめる…難しいな…)舞台だなと思いました。 ●凄い切なくて涙がとっても出る演目でしたが、最後のステージや出発のシーンがすごく後味がいいので、終わった後に暗い気持ちを引きずらなくてよかったです。大団円!で終わる演目が好きでアンハッピーエンドなんか見たくない!という派なのですが、最後があったので辛くなかったです。でも一番涙が出たのは、なによりもステージのシーンでした。 ●若い男子の他に、寮のおばちゃん(君原さん)が出てくるのですが、私も君原さんになった気持ちになって見ていました。 ●彼らが頑張った結果が一つの物語になり、戯曲になり、今の若い俳優たちが輝く場を作っているっていう巡り巡ったすごい大きなことをしたんだって思いました。 ●本当に出演者のみなさんが輝いていました。嬉しいことも、悲しいことも、現実では無し得なかったことも、全部が観客の心に刺さったと思います。 ●公演のことではないのですが、今回パンフが大変に、「こりゃぁ、にくいことするねぇ!」という感じでした。カバーがかかっていて、一見そっけない感じなのですが、そのカバーの裏に、BOYSの正装写真が。カバーをとった表紙ですらなく、ほんと、カバーの裏に。結局表には出れなかったと言うのを暗示している気がしました。気がついたのが帰りの電車だったのですが、うっかり泣きそうになりました。

    まめこSP2
  • 「宝塚BOYS」

    キャストが若返り過ぎ!戦争で辛くも生き残った複雑な心境や大本営発表に騙され続けた憤りを全く表現できず、セリフが空回りしていた。若く格好の良いキャストは女性受けしていたが過去の公演との比較で深みに欠け感銘を受けなかった。この作品は再演からずっと観劇しているので今回は残念だった。次回はより演技力のある俳優を起用して欲しい‼️

    ひっぺ
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

鈴木裕美 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み