ソウル・フラワー・ユニオン(SOUL FLOWER UNION) のチケット情報

お気に入り登録する
ソウル・フラワー・ユニオン
ソウル・フラワー・ユニオン(SOUL FLOWER UNION)は、1993年に結成された日本のミクスチャー・ロック・バンド。

1995年の阪神・淡路大震災を機に生まれた別働隊チンドン楽団のソウル・フラワー・モノノケ・サミット(SOUL FLOWER MONONOKE SUMMIT)もこの項目で扱う。

略歴
結成(1993)
1988年に自主レーベル「ソウル・フラワー・レコード」を共同設立し、ともに活動を行っていた2つのバンド、ニューエスト・モデル(1985年 - 1993年)とメスカリン・ドライヴ(1984年 - 1993年)が、同時に解散し、統合するという形で、1993年9月に結成された。

同年11月に、メスカリン・ドライヴの4thアルバムとして制作を開始していたアイヌ民族抵抗史をテーマに据えたアルバム『カムイ・イピリマ』で、アルバム・デビュー。翌年、「物の怪解放」をテーマに据えた、新曲と後期ニューエスト・モデルのライヴ・レパートリーの混在する2ndアルバム『ワタツミ・ヤマツミ』をリリース。

以降、日本列島周辺に住む民族の民謡(ヤマト、琉球、朝鮮、アイヌ等)や大衆歌謡(壮士演歌、労働歌、革命歌等)、アイリッシュ・トラッドやロマ音楽などのマージナル・ミュージックをロックンロール、リズム・アンド・ブルース、スウィング・ジャズ、サイケデリック・ロック、カントリー、レゲエ、パンク・ロックなどと融合させた音楽を展開する。

神戸、ドヤ街、アイルランド(1995〜)
(省略)
1995年2月、阪神・淡路大震災の直後に伊丹英子の発案で、震災被災者を励ますため、ソウル・フラワー・モノノケ・サミット名義による「出前慰問ライヴ」を開始。被災地特有の諸般の理由からアコースティックな楽器を用いることにし、エレキ・ギターを沖縄の三線に、ドラムをチンドン太鼓やチャンゴ(朝鮮太鼓)に持ち替え、他のメンバーはそれぞれアコーディオンやクラリネットなどを持ち、震災初期はマイクの替わりにメガホンや拡声器を使い、避難所や仮設住宅などで演奏活動を行った(震災当初、如何なる場所でも演奏出来る、ということが主眼に置かれた故の「非電化」であった)。震災被災者の中でも、特に年配のために、戦前戦後の流行り唄や壮士演歌、ヤマト民謡・沖縄民謡・朝鮮民謡・アイヌ民謡などをレパートリーにし、チンドン・アレンジで演
「ソウル・フラワー・ユニオン」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年02月11日(月) 09:52UTC
公式サイト
公演レビュー
  • ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019

    ゴキゲンなグルーヴの音楽が鳴っていました! 暑かったけど良い演奏と唄で、心地よい気分でダンスしていました。すぐに移動できる距離ならもっといいなぁ。

    ぷみこ
  • ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019

    東京スカパラダイスオーケストラの演奏は、よかったが、ミスチルの桜井が、出演しなかったのは、大変残念。新曲が、リリースしたというのに

    やみえもん
  • ソウル・フラワー・ユニオン

    なかなか都内近郊で日祝日にライブやってくれないSFU、実に3年ぶりの参戦となってしまいました。 前回はベーシストが交代した直後のツアーでしたが、今回はドラマー交代直後のライブ。 前任ベーシストは、ベースで津軽三味線風なソロを弾いたりして、和のミクスチャー路線のバンドにはよく合っていたと思いますが、現ベーシストの方がよりベーシストらしいベーシストという感じで、演奏によりグルーヴが増したように思いましたが、今回のドラマー交代はどう出るか。リーダー中川氏の事前のツイートでは、かなりいいグルーヴが出ている、とのこと。 はたして、その通り、よりドラマーらしいドラマーによって、よりバンドらしいバンドになった(しつこい(^_^;))と思えました。いわゆるミクスチャーバンドから、よりロックバンドになった印象。そのグルーヴを活かすべくか、よりダンサブルな曲を多く選曲しているように思えました。 また、ゲストコーラスのリクルマイさん、普段はソロで活動されている和風レゲエシンガーですが、これがまた、うつみようこ以来のSFU~中川氏にフィットするコーラスがやっと見つかったのではないでしょうか。 そんなわけで、「普段あまりやらない曲やるでぇー」と、実験的なセットリスト。しかし、ラストで、「ユニバーサル・インベーダー」に「外交不能症」って、ニューエスト・モデル時代の曲を持ってくるなんて、もー反則(*^^*)「風の市」「極東戦線異常無し」「荒れ地にて」など、それまでところどころ挟み込まれていたライブ定番曲に少しずつ壊れ始めていた理性が、完全に崩壊(*゚▽゚) これもたぶん、新しいドラマーとコーラスならこれらの曲久々にいけるんじゃね?ってところだったのでしょう。ホント、リクルマイさん、ユニバーサル・インベーダーのラップ部分もようこちゃんに負けず劣らずのノリのよさ。 アンコールでは、これまたニューエストの「ソウル・サバイバーの逆襲」だし、Wアンコールでは「海行かば山行かば踊るかばね」だし、押し合いへし合い踊りました。 あー、なんたる多幸感。やっぱりこれも一生やめられない、とぞ思ふ。 次のワンマンは、6月の土曜日か…仕事早退けしちゃう?それとも日祝日に大阪行っちゃうか!?

    やぎちゃん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

ソウル・フラワー・ユニオン のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み