高橋真梨子(タカハシマリコ) のチケット情報

お気に入り登録する
高橋真梨子
髙橋 真梨子(たかはし まりこ、1949年3月6日 - )は、日本の女性歌手、作詞家。本名は広瀬 まり子(ひろせ まりこ)。旧姓は髙橋。広島県廿日市市生まれ、福岡県福岡市育ち。血液型はA型。夫はミュージシャンのヘンリー広瀬。スポーツ観戦を趣味とする。所属レコード会社はビクターエンタテインメント。所属芸能事務所はザ・ミュージックス。公式ファンクラブはPaper Moon(ペーパームーン)。

略歴
幼少期
父・森岡月夫は広島鉄道局、母・髙橋千鶴子は広島市内の銀行に、それぞれ勤務時の1945年8月6日、米軍の原子爆弾投下により被爆。母はダンサーでもあり、広島のダンスホールで両親は出会い結婚し1949年、真梨子が生まれた。戦後、国鉄を辞めてプロのジャズクラリネット奏者を目指した父は、朝鮮戦争下で米軍基地が多くジャズが盛んであった福岡に移り。しかし父に脱疽の症状が出て病状が悪化し、働くことが出来なくなった父に代わり、母は中洲でホステスとして働き家計を支えた。母の収入は高額な痛み止めなど、父親の治療費に消えた。夫婦ゲンカが絶えなくなり5歳の時に両親は別居、真梨子は母と博多に残る。小学校3年10歳の時に父母の離婚成立で、母親の「髙橋」姓となる。真梨子はこの時不倫をした母が許せず長い間に渡って恨み続けた。中高生時代には母が自分に触れることすら許せなかったという。父は広島に戻り、広島市内のクラブでジャズプレイヤーとして働いたが、入市被爆が原因で長らく後遺症に苦しんだのち37歳で亡くなった。この時も母は真梨子に泣きながら抱きついたらしいがそれをも振り切ったという。福岡市立高宮中学校卒業。

音楽を目指した父の影響を受け芸能界に憧れ、自らもジャズボーカルの勉強を始める。16歳になるとプロ歌手を目指して九州女子高等学校(現・福岡大学附属若葉高等学校)より駒沢学園女子高等学校へ転入のため上京。渡辺プロのもとで本格的なレッスンを受けた後、1966年に「スクールメイツ」の一員として芸能界デビュー。しかし自身の求めているアーティスト路線でなかったこともあり、高校を卒業すると渡辺プロを脱退し、博多に戻りディスコやクラブでの活動を始めた。

歌手活動歴
ペドロ&カプリシャス・二代目ボーカルでデビュー
1972年、中洲のナイトクラブで歌っていたと
「高橋真梨子」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月17日(水) 09:17UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 高橋真梨子

    歌姫は健在です。3曲連続で歌っても何ら問題なし、聴き惚れました。 当日はやや風邪気味なのか曲間でウエットティシュを使用されていましたが、声や声量は充分でした。 できれば10年ぐらい前に見たかったなあ・・ 「真利子さんももう少し若い時に」何ておっしゃっていましたが・・ また機会あれば行きたいと思います。元気をもらいました。 バックバンドも素晴らしかったです。真利子さんだけでなくこのチームだからこそ40年近く歌い続けていけると実感。 久々に気分よい週末のひと時を過ごすことができました。

    よっきちゃん
  • 高橋真梨子

    よかった。今までで照明等ステージが一番派手で盛り上がった。体調、年齢の事もあるでしょうが、いつまでも元気で歌う姿をみたいと思う。 マルタがいつも若い❗

    わこさん
  • 高橋真梨子

    ここ5年ほど毎年行ってますが、 最高です!声も曲もバンドも素敵です! 体調の心配されてますが、全く問題なく 素敵なコンサートです!

    マダムシュシュ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

高橋真梨子 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み