クミコ のチケット情報

お気に入り登録する
クミコ
クミコ(1954年9月26日 - )は、日本の歌手。旧芸名、高橋 久美子(たかはし くみこ)、高橋 クミコ。茨城県水戸市生まれ。埼玉県立春日部女子高等学校、早稲田大学教育学部卒業。所属事務所はプエルタ・デル・ソル、所属レーベルは日本コロムビア。血液型はB型。

略歴
活動初期
演劇を志し、早稲田大学に入学するが、不条理演劇の中で歌うシーンがあり、歌で表現することに目覚めて劇団を退団した。大学卒業前、友人に誘われバンドにピアニストとして参加する。その後、バンドを辞めたその友人の代わりにボーカルを担当する。

1978年、24歳の時、第16回ヤマハポピュラーソングコンテストの予選を勝ち抜いて(「関東甲信越大会」では歌詞を忘れてしまったが、何かが評価されて先に進めた)、つま恋本選会に出場する。ボーカルを務めた(当時は斉藤久美子名義)「ホンキートンク」の「どしゃぶり ずぶぬれ しどろもどろ」は優秀曲に入選する。同年、日本代表の一人に選ばれ、第9回「世界歌謡祭」にソロ歌手・斉藤久美子として出場したが、予選で落選し、本選に進めなかった。この時のグランプリ曲は円広志の「夢想花」だった。

レコード会社から予定されていた収録済みのデビュー盤はボツになり、挫折を味わう。その後長い間、小さなスペースで少数の熱心なファンや永六輔などの支援者に支えられながら歌い続けた。ホール・コンサートがメインの活動となるのは2003年秋以降である。

シャンソン歌手としてデビュー
1981年から1982年にかけて、埼玉県大宮市にあった後楽園グループ(現東京ドーム)のドイツレストラン「ラインゴールド」大宮店にて特技のピアノとシャンソンを中心とした弾き語りもしていた。

1982年6月、27歳の時、日本におけるシャンソニエの老舗だった銀座「銀巴里」のオーディションに合格し、プロデビューする。オリジナル曲で合格したのは前代未聞のことで、合格後、越路吹雪のレパートリー曲などでシャンソンを猛勉強する。この他にも、ZABADAKでデビュー前の吉良知彦らと組んだロックバンド「びわ」などでも活動した。

1987年、ミュージカル『レ・ミゼラブル』の日本初演にアンサンブルの一員として出演する。同年7月に高橋久美子の名でLPアルバム『POKKOWA PA ?』をリリース。32歳での遅いデビュー盤だった。

1980年代後半
「クミコ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2017年04月06日(木) 17:01UTC
公式サイト
公演レビュー
  • クミコ

     猛暑の中、熊本から車で、おりなす八女まで行きました。新しくてきれいな建物で、トイレも各所あり、きれいで、開演を待ちました。私は、G席、7列目意外と近く良い席でした。幕が上がると、輝くピンクの衣装のクミコさんが登場、「サントワマミー」で始まり、その後は、クミコさんの一人芝居のような素晴らしい歌声に魅了されて、引き込まれます。大貫祐一郎さんのすごいピアノ伴奏と息の合った、お二人のエンターテインメントを観てるようで、3000円というチケット代がうそのよう、トークも楽しく満喫しました。二幕は、真っ白のフリフリのかわいいお衣装が細いクミコさんに、とてもお合いで、オーラが見えました。途中、ピアスをおtとされるハプニングもありましたが、そのこともちゃんと可愛くねたにされてチャーミングな方で、命の歌や、坂本九さんの歌、お得意のシャンソン、地元の方々との合唱もあり、熱演だったと思います。行って本当にパワーをいただきました。

    かぼす
  • クミコ

    前半は、越路吹雪さんの曲とシャンソンがメイン。後半は比較的最近のオリジナル歌謡曲中心。 前半は特に、一つのお芝居を観ているような感覚になった。一曲一曲にドラマがあり、クミコさんもしんどそうだが聴くほうもかなり疲れる。一曲に精魂込めて歌うのが伝わるからこちらも息を詰めて魅入って(聴き入って)しまうからだと思う。心地よい疲労感。 一番好きな「幽霊」が前半ラストだったのが残念。今回はアンコールに「最後だとわかっていたなら」のアニメご披露があったので仕方ないが、「幽霊」で終わって欲しかった・・・。「AURA」コンサートからほぼ毎年コンサートに行っているが、出会った頃と変わらず、詞が言葉が、聴いただけで聴く者の頭の中に情景として浮かぶ。そんな歌手はクミコさん以外に未だに知らない。そういう意味で、本当に上手いなあと思う。音程が外れないとかリズムが正確とかそういうことではないんだな、歌って。と思わせてくれる数少ない歌手です。 最近のブログで体調が悪いとよく書いていらしたので心配したけど、ステージに立つとそんなことは微塵も感じさせなかった。終わったら楽屋で倒れこんだのかも知れないけど、年齢にも体調にも向き合って、息の長い歌手でいて欲しいです。ずっと。

    Come down Moses
  • 中島みゆきリスペクトライブ 2018 歌縁

    出演者それぞれの個性が出ていて満足することができました。 一人のアーティストの曲という括りの中での多様性を味わえてよかったです。

    やままい
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

クミコ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み