地球ゴージャス(チキュウゴージャス) のチケット情報

お気に入り登録する
地球ゴージャス(ちきゅうゴージャス)は、俳優の岸谷五朗と寺脇康文による日本の演劇ユニット。1994年の結成以降、1〜2年ごとにプロデュース公演を上演している。

概要
劇団スーパーエキセントリックシアター(SET)の劇団員で、コントユニット・SET隊を結成するなど親交のあった岸谷五朗と寺脇康文が、1994年に劇団を退団した後に結成。「劇団」という形はとらず、岸谷と寺脇以外のメンバーは固定せずにゲストを迎えて公演する「プロデュース公演」というスタイルをとっている。岸谷はすべての作品において演出を手掛け、Vol.4『さくらのうた』からは脚本も手掛けている。

公演記録
* VOL.1『瓶詰の地獄〜いつまでもたえることなくともだちでいよう〜』(1995年)
**映像が残っておらず、過去の公演のダイジェスト映像でも写真のみで紹介される(テレビでは紹介そのものが省略される事も)。
**共演:黒谷友香、石塚英彦ほか
* VOL.2『紙のドレスを燃やす夜〜香港大夜総会〜』(1997年)
**岸谷・香取慎吾主演映画『香港大夜総会タッチ&マギー』のサイドストーリー。
**共演:小泉今日子、袴田吉彦ほか
* VOL.3『地図にない街 -DOHENEKE HEKISHIN-』(1999年)
**岸谷・寺脇のスーパー・エキセントリック・シアター時代の作品のリメイク。
**共演:山本未來、純名里沙(現・純名りさ)、山西道広ほか
* VOL.4『さくらのうた〜幻の夏…忘れ去られた小さな心たちへのレクイエム〜』(2000年)
**初の岸谷・寺脇共作。
**共演:石田ひかり、純名里沙ほか
* VOL.5『クインテット』(2001年)
**5人だけの出演者による小劇場公演。オムニバスで構成された唯一の公演(2015年現在)。
**共演:戸田恵子、中村綾、加藤貴子
* VOL.6『カルテ』(2002年)
**本作以降、脚本は岸谷が手がけている。
**共演:高島礼子、西村雅彦、山西道広、入絵加奈子、能見達也、岡千絵 ほか
* VOL.7『クラウディア』(2004年)
**サザンオールスターズの桑田佳祐の楽曲によるミュージカル。本田美奈子.が最後に出演した舞台となった。
**共演:本田美奈子.、YU-KI(TRF)、風間俊介、平澤智、三咲レア(現・蘭香レア)ほか
*アンコール公演『クラウディア』(2005
「地球ゴージャス」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月18日(木) 06:58UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15「ZEROTOPIA」

    二年振りのゴージャス!宝塚とまったくの無縁だったので主役の柚希礼音をまったく知らなかった(失礼)けれども、素晴らしい。何もかもが素晴らしかった。深みのある歌声やダンスも素敵でした。全体を通して重いテーマ「地球の危機」をゼロというコンセプトで表現、舞台で明示していく過程が良かったです。  また今回は藤林美沙ちゃんのタップが3人から全体へと広がり、迫力満点。思わず、ゾクゾクきました(笑) 相変わらずの軽~~いノリで会場を沸かせる寺脇さんと岸谷さんの演技には何もいう事なし。また来年も楽しみにしています。

    yuzurin
  • 地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15「ZEROTOPIA」

    面白いところと真面目なところ両方あるので 、重くなりすぎず考えさせられる良い作品だと思いました! サンディが可愛いかった!

    hi_sa
  • 地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15「ZEROTOPIA」

    ミュージカルというよりコンサートのようなお歌の連続♪ 西川くんの肉体美には悲鳴を挙げてしまいました(#^.^#) 地球ゴージャスらしい笑いもあって見所満載の3時間(休憩含む)でした♪ 個人的にはタップの藤林美沙ちゃんとキレキレの植原くんがよかったです♪

    舞台大好き(*^-^*)
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

地球ゴージャス のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み