ナイロン100℃(ナイロンヒャクドシー) のチケット情報

お気に入り登録する
ナイロン100℃(ナイロンひゃくどシー・NYLON100℃)は、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が主宰する日本の劇団。ロックバンド「有頂天」のボーカリストであったKERAを中心に活動していた劇団健康を前身とし、1993年結成。東京都を拠点に活動している。

基本的にKERAが各公演の劇作・演出を務める。主なメンバーに犬山イヌコ、みのすけ、峯村リエ、三宅弘城、松永玲子、大倉孝二など(詳しくは下記参照)。

概要
*1993年8月、1st SESSIONとして、インタラクティブテクノ活劇『予定外』を下北沢・本多劇場にて上演。旗揚げ時のメンバーはKERAに、犬山犬子(現・犬山イヌコ)、みのすけ、峯村リエ、三宅弘城、今江冬子、藤田秀世、手塚とおる(のち脱退)など。
*所属俳優を主要な役柄にあてるとともに、他劇団や舞台・映像作品で活動する俳優なども客演として交え、近年は年1、2本ほど公演を行っている。
*劇団名は「ナイロン100%」という、渋谷にあったニュー・ウェイヴのライブを行う喫茶店の名前をもじったもの。

*初期は“演劇ユニット”と称していたが、1998年ごろから実質的に劇団と同等の形態で運営されている。
*1998年上演の『フローズン・ビーチ』により、KERAは第43回岸田國士戯曲賞を受賞した。
*2005年から2007年まで、KERAは作家として新作の執筆を(外部のプロデュース公演を含め)休止した。その間ナイロンの演出家として『カラフルメリィでオハヨ ~いつもの軽い致命傷の朝~』(劇団健康から数えて4演目。ナイロンでは再演)、『ナイス・エイジ』(再演)、岸田國士の戯曲を再構成した『犬は鎖につなぐべからず ~岸田國士一幕劇コレクション~』と、再演や既成の作品を手がけた。2007年末の『わが闇』から新作の書き下ろしを再開している。2016年初から2017年10月までもナイロンとしての公演活動が休止となり、同年11月の『ちょっと、まってください』で活動を再開した。

製作・マネージメント態勢
*ナイロン100℃の公演企画・製作会社として、KERAが代表を務めた「株式会社シリーウォーク」がある。ナイロン名義の公演のほか、KERAの別ユニットである「KERA・MAP」などのプロデュース公演も企画。KERAやみのすけが参加していたバンド「LONG VACATION」のラ
「ナイロン100℃」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月12日(日) 05:50UTC
公式サイト
公演レビュー
  • ナイロン100℃ 「睾丸」

    いつもは、時代背景などに合わせて流している開演前のBGMは無し、また客室の照明を強くすることで舞台上を見えづらくしていたのも意図的か。非常に身近な2つの時代を行き来する舞台なので、逆に背景を限定してしまわないようにという演出かと。 2つの時代を行き来するのは、前回公演の「百年の秘密」の手法を掘り下げたものか。 過去を忘られぬ男を、20年以上の植物状態から目覚めたという設定にしているのは、逆に現実味がある。 シリアスと笑いのバランスも、ちぐはぐさがなくとても自然だった。 ケラ氏自身もパンフレットで「劇団の状態がよいので25周年という感慨も感じることができる」とのこと、絶好調って感じか。

    やぎちゃん
  • ナイロン100℃ 「睾丸」

    何故このようなタイトルがついたのか疑問に感じておりましたが舞台を見て何となくわかりました。学生運動の世代ではありませんが世代を問わず楽しめるのではないでしょうか 何が特によかったというわけではないのですが終了時結構面白かったと感じました。

    ゴン
  • 睾丸 (ナイロン100℃ 46th SESSION)

    タイトルがタイトルなので、下ネタ満載なのかと思っていましたが、全然そんなことはありませんでした(いや、少しあったか……笑)。 今年で結成25年を迎えるナイロン100℃。 その記念公演の第二弾です(第一弾は『百年の秘密』)。 ちょうど劇団が結成された1993年と、更にその25年前の1968年の出来事を描いています。 話は、ある晩、赤本家(夫・健三:三宅弘城さん、妻・亜子:坂井真紀さん、娘・桃子:根本宗子さん、亜子の弟・光吉:赤堀雅秋さん)に一本の電報が届くところから始まります。 それは、25年前、一緒に学生運動をしていた時のリーダー・七ツ森(安井順平さん)が亡くなったという知らせでした。 七ツ森はずっと植物人間の状態でしたが、健三や亜子は、この数年、お見舞いにも行っていませんでした。 同じ日、偶然再会した立石(みのすけさん)が、家が火事になったと言って、赤本家に転がり込んできます。 25年前に何があったのか、時を行き来しながら話は進みますが……。 学生運動が華やかなりし頃は、私はまだ小さかったので、彼らが何をやっているのか分かっていませんでした。 でも、赤軍派とか内ゲバとか、分からないなりに「なんか恐い」というイメージは植え付けられました。 この芝居に登場するセクトは、そんなに暴力的ではなく(セクトを抜けたいと言ってきた同士にも、制裁などなかったですし)、安井順平さんのアジり方とか喋り方とか、全体の雰囲気が(髪型なんかも)とてもそれっぽくて、多くは、実際はこんな感じだったのかなとも思いました。 登場人物は結構多いのですが、面白いのは、みんながみんな、悪い事に対するハードルが低く、それが物語を揺さぶる要因になっていることです。 客演の一人、赤堀雅秋さんは、ちょっとアウトロー的な感じで、急に大声でキレたりするあたりは、どこか自身の作品をオーバーラップしているようにも観えました。 最後は、少しの光明と、大きな破綻が訪れ、唐突に幕が降ります。 こんな終わり方、結構好きです。 ※ タイトルになっている「睾丸」。 終盤で「お前、男だろ。股にキン○マぶら下げてんだろ」みたいなセリフが出てきます。 そう言えば、私も幼い頃、よく言われました。 今の子も言われるんでしょうか?それとも、今は、性差別だとか逆セクハラだとかになってしまうんでしょうか?

    touch
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

ナイロン100℃ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み