中山美穂(ナカヤマミホ) のチケット情報

お気に入り登録する
中山 美穂(なかやま みほ、1970年3月1日 - )は、日本の女優、歌手。80年代アイドル。身長158cm。血液型O型。

東京都小金井市出身(出生は長野県佐久市)。ビッグアップル所属。

作詞をする時は「北山 瑞穂」(きたやま みずほ)と「一咲」(いっさく)というペンネーム(アルバム『DANCE BOX』のブックレット末尾に「Issaque」との表記あり)を使用していた時期もあった。愛称は「ミポリン」。

実妹は女優の中山忍。

略歴
生い立ち
父親は秋田県出身で、父も歌手を目指して上京した人で。幼稚園の頃から、芸能界に憧れ、歌手になりたいと強く願った。「テレビに出れるし、目立つし、人前に出れればキャアキャアいわれる」という単純な動機から。原宿でスカウトされる前にも映画や劇団のオーディションを受けまくっていた。小金井市立緑小学校から小金井市立緑中学校に進学。  

アイドル期
1982年、小金井市立緑中学校1年生の時に原宿でスカウトされる「ラッキーッ!」っと心の中で叫び、疑惑も不安も迷いもなく、芸能界に飛び込む。歌手志望の夢をまだ捨てていなかった父からは「エーッ、おまえが先に芸能界に行くの!?」と言うくらいで、まわりの誰からも芸能界入りの反対はなし。モデルクラブ・ボックスコーポレーションに所属。雑誌『花とゆめ』の懸賞ページの写真モデルが初仕事。テレビに出るのが幼少期からの夢だったため、『ザ・ベストテン』に出るのが最大の目標だった。最初は広告、ポスター等のモデル活動のほか、TDKカセット「スプレンダー」や明治製菓のCMに出演。ビジュアルでは昭和の歴代アイドルの中でもトップクラスという評価があり、この時期の活動がそれを根拠づけている。芸能活動が活発になってきた中学3年の時に東京都板橋区立板橋第五中学校に転校し、のちに卒業。高校は東京都立北園高等学校定時制に進学したが、芸能活動を優先するために1年二学期に中途退学した。高校は無理やり行かされたため、一週間で辞めた。

1985年1月、TBS系ドラマ『毎度おさわがせします』のツッパリ少女・のどか役で女優デビュー。女優としてより、テレビデビューできたことが幼少期からの夢を叶えたと思えた。
思春期の性をテーマにしたホームコメディードラマで、刺激的なシーンやセリフが多く、今までにないその鮮烈な内容が大いに注目されて大ヒットした
「中山美穂」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月26日(月) 14:37UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 蝶の眠り/初日舞台挨拶

    キム ジェウクさんのファンで舞台挨拶を楽しみにしていました。 とても良いお席で鑑賞することができ、嬉しかったです。 思っていた以上に流暢に日本語を話されていて驚きました。

    由香
  • 蝶の眠り/初日舞台挨拶

    アルツハイマーという重いテーマでしたが、背景・音楽がとても美しくて、微妙な心の変化の演じる美穂ちゃん、ジェウク君も素晴らしくてもう一度観たい映画です。

    ピョル
  • 蝶の眠り/初日舞台挨拶

    静かで、とてもロマンチックな作品でした。 中山美穂さんは、何歳になっても、何があってもやっぱり素敵でした。

    レガッタ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

中山美穂 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み