長山洋子(ナガヤマヨウコ) のチケット情報

お気に入り登録する
長山 洋子(ながやま ようこ、1968年1月13日 - )は、日本の演歌歌手。1980年代のアイドル歌手。津軽三味線の澤田流の名取でもある。

概要
詳細は基本情報も参照。
東京都大田区出身。1984年にシングル「春はSA-RA SA-RA」でデビューし、1990年頃までアイドル歌手として活躍した。その後女優としての経験も積んだが、1993年には「蜩 - ひぐらし -」で演歌歌手として再デビュー。1995年には「でもねポーズ」(曲にあわせ、手を広げ振ってみせる仕草)で有名な「捨てられて」がリリースされ、現在の地位を築いた。血液型はAB型。

現在は演歌歌手をメインとして活動しているが、アイドル歌手としてデビューしたこともあって、活動ジャンルは幅広く、芝居では喜劇役者としての側面も見せる。演歌歌手に転じて10年が経った2003年暮れに放送された「ザ・ベストテン2003」(TBSテレビ)では、アイドル時代にヒットした「ヴィーナス」をドレス姿で歌唱し、アイドル時代の歌を解禁した他、2009年には期間限定でアイドル活動を復活させたことがある。それ以降も稀に懐メロ特番や自身のコンサートなどで「ヴィーナス」等、ポップス系歌謡曲を披露している。

経歴
誕生からデビュー前まで
音楽との出会いは早く、4歳の頃、父親が通っていた民謡教室に行ったことがきっかけ。民謡に心惹かれ、民謡教室に通うことになるが、10歳の時に民謡教室の先生の勧めで、三味線を始めた。現在でも父親に買ってもらった三味線を愛用している。

アイドル歌手としてデビューする以前にビクター少年民謡会の一員として活動。ビクター少年民謡会としてリリースしたシングルに「ホームラン音頭」がある。

「タイムボカンシリーズ ヤットデタマン」挿入歌「ヤットデタマンブギウギ音頭」(歌・山本正之)の録音にビクター少年民謡会として参加。

また当時、ザ・ドリフターズの人気番組だった「8時だョ!全員集合」には、子供達が先生となってゲストに民謡を教えるというコーナーで、先生役として登場していた。ほかドリフのコント番組「ドリフ大爆笑」(フジテレビ)にも、度々ゲスト出演している。

アイドル歌手時代
当初は演歌歌手としてデビューする予定であった。演歌歌手としてのボイストレーニングを重ね、デビューに向けて順調に歩み続けていた。ところが、幻のデビュー曲
「長山洋子」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年01月27日(日) 19:15UTC
公式サイト
公演レビュー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

長山洋子 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み