中谷美紀(ナカタニミキ) のチケット情報

お気に入り登録する
中谷 美紀(なかたに みき、1976年1月12日 - )は、日本の女優、歌手である。東京都出身。スターダストプロモーション所属。

経歴
元桜っ子クラブさくら組。1991年に内部ユニットKEY WEST CLUBで活動していた。1993年(平成5年)、テレビドラマ 『ひとつ屋根の下』(フジテレビ)で女優デビュー。その後は、多くのテレビドラマや映画、さらに日本石油のCM出演で知られるようになった。1996年(平成8年)にミュージシャン・坂本龍一のプロデュースによるシングルCD「MIND CIRCUS」をリリースし、音楽活動を再開。翌1997年(平成9年)3月、“中谷美紀 with 坂本龍一”名義で発売した「砂の果実」が初のオリコンシングルチャートトップ10入りとなり、33万枚を売り上げた。

1998年(平成10年)と1999年(平成11年)には『リング』『リング2』の高野舞役で話題となり、1999年(平成11年)に自身初の主演テレビドラマ『ケイゾク』が放送され、以降『壬生義士伝』『約三十の嘘』『電車男』『嫌われ松子の一生』『ゼロの焦点』などにも出演する。

2004年(平成16年)から翌年にかけては、女性雑誌 『anan』(マガジンハウス)に初の連載エッセイ 『男子禁制!?』を執筆した。また後年には、インド一人旅の旅行記、『インド旅行記』(幻冬舎文庫)も出版している。

2005年(平成17年)には、映画 『電車男』に出演、ヒロイン「エルメス」役を演じた。この映画の原作となった小説 『電車男』には、「エルメスは中谷美紀に似ている」という記述があり、実写化においても中谷がエルメス役を演じることになった経緯があり、中谷の出演歴中でも珍しい純愛物といえる本作は、当初の予想を上回るロングヒットとなった。

2011年、『猟銃』で初舞台で1人3役に挑んだ。オーディションでは全く受かると思っていなかったため、ノーメイクとラフなパンツスタイルで挑んだが、合格した。その演技に「初舞台と思えないほどのせりふのクリアさにまず驚かされた」と称賛され、第46回紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞した。

出演作品
太字で示す役名は主演。

映画
* 大失恋。(1995年1月21日、東映) - 麻美 役
* BeRLiN(1995年12月23日、KSS) - キョーコ 役
* リングシリーズ(東宝)
「中谷美紀」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2013年06月24日(月) 06:39UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 黒蜥蜴

    中谷美紀さんが、ただただ、美しかった‼️

    chocola
  • 「黒蜥蜴」

    中谷美紀さんのお芝居が好きなので。2回目の観劇です。 優雅で気品にあふれる身のこなしと、お衣装の着こなし。 セリフも明瞭でとても耳に心地よく、うっとりいたしました。 明智小五郎の井上さんも、よいお声をされているのですが、声の抑揚というか声のトーン、種類がややワンパターンで、 ルヴォーさんの世界観には、はまり切れていない?かな、と思うところもあり。 もう少し、線の細い、繊細で色気のある俳優さんがされたら、どうなるかな、というふうに感じられました。 世界観はきちんと確立されているので、最後まで目が離せませんでした。 また、再演されたら、拝見したいなと思いました。

    ももこももこ
  • 「黒蜥蜴」

    白と黒の世界観、演出家のルヴォーさんの描き出す世界観を味わいました。 中谷美紀さんが非常にエレガントで、素敵な黒蜥蜴、女盗賊を演じられていました。 最初から最後までとても世界に没頭出来て、幸せでした。 大変面白かったです。

    ももこももこ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

中谷美紀 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み