二兎社(ニトシャ) のチケット情報

お気に入り登録する
公演レビュー
  • 二兎社『ザ・空気 ver.2 誰も書いてはならぬ』

    ザ空気2誰も書いてはならぬ 愛知公演三回観劇致しました。 政治、記者クラブの題材なので堅苦しいお話かと思いきや、ブラックジョークやアドリブなど軽快な展開に終始笑い声が聞こえていたように思います。最後はグッと考えさせられる、とてもとてもいい舞台でした。生で見る眞島秀和さんはテレビの3倍増しで格好良かったです…。

    sukeno
  • ザ・空気Ver2 「誰も書いてはならぬ」

    国会議事堂を身近に望む記者クラブのあるビルの屋上が舞台。国会周辺で繰り広げられる予定のデモをカメラに収めたいビデオジャーナリスト井原まひる(安田成美)。官邸総理番の小林司(柳下大)は、官邸でのコピー機に置き忘れた原稿用紙の内容に驚き、その取扱いに苦慮し、他社の官邸キャップ及川悠紀夫(眞島秀和)に持ち掛ける場面に、記者クラブに所属しない、本来ならいるはずのない井原まひるが関りを持ってしまう。記者クラブの特権と、それが陥りやすい体質を永井愛が、厳しく批判的に描いている。時の政権に対し、第四の権力として批判的であるべき報道機関の論説委員飯塚敏郎(松尾貴史)が、官邸のために「記者会見Q&A」を作成し、世論誘導の先棒を担いでいるのではないかという疑念をブラックユーモアに描いていて、競合他社の解説委員(馬渕英里何)まで、同様に権力者との距離感を自己の権威とはき違えている?問題指摘を受けた飯塚敏郎の有り様は、現在進行形の国会答弁そのもので、観客はあまりにそっくりなので、思い出し笑いがしきりであった。…他者に対する攻撃性と身内に対する防御本能は報道機関も例外ではないのだろうか?……報道の使命が手間暇のかかる調査報道から、安易な発表報道に重きが置かれ、ジャーナリストの質の低下が窺われる要因になっていて自壊に向かっているようで心配だ。会社組織にいる社員記者の使命感と自己保身を、最近の経済事案に多く見かける「空気」に流される風潮を象徴しているような戯曲だ。組織人ではない井原まひるが、対照的に正義感を振りかざしているが、下町ぽい言葉使いや生活臭を出す必要があったのだろうか粗忽者にはわからないが、納得感のある戯曲は流石である。

    粗忽者の早とちり
  • 二兎社

     トランプ大統領の誕生でまさに世界の空気が変わった。この時に、自由に放送でものが言えなくなるという重いテーマは、ものすごいリアリティで迫ってきて、拍手がなかなかできなかった。この重いテーマを私も抱えて生きていこう。  二兎社の演出はシンプルで、力強い。役者さんもとても魅力的。観客が入りやすいドラマだ。

    イヤン
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

二兎社 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み