野口五郎(ノグチゴロウ) のチケット情報

お気に入り登録する
野口五郎
野口 五郎(のぐち ごろう、1956年2月23日 - )は、日本の歌手、俳優である。本名、佐藤 靖(さとう やすし)。岐阜県美濃市出身。オフィス・ジー所属。新御三家の一人として、1970年代の日本を代表する男性アイドルである。血液型はA型。妻はタレントの三井ゆり。子供は一女一男。実兄は作曲家の佐藤寛。

来歴
岐阜県美濃市に生まれる。曽祖父は人形浄瑠璃の太夫、両親はアマチュア楽団「青空楽団」の歌手同士。本来、家族会議で「直樹」と命名するつもりだったが、父親が家族に許可を得ずに「靖」という名前で出生届を出したという。

1966年10月、フジテレビの『日清ちびっこのどじまん』で荒木一郎の「今夜は踊ろう」を歌い優勝。中部日本放送の『どんぐり音楽会』に出演し、ザ・ワイルド・ワンズの「青空のある限り」を歌い1位となる。

『ちびっこのどじまん』をきっかけに本格的に歌手を目指すことを決意。自ら“ソウルソング”という美空ひばりの『リンゴ追分』の作曲家・米山正夫の門下生になりたく、約2年間、米山が係わるオーディションに何度も出場。ついに声が掛かって。ポリドールの児玉英毅が設立したNPミュージック・プロモーションの第一号タレントとして所属し、堀越高等学校に進学する。

1971年5月1日、当初は演歌歌手としてシングル曲「博多みれん」でデビュー。キャッチフレーズは「青い木の芽の、はだざわり」で売り出した、が、同曲のセールスは全く振るわなかった。しかし2曲目の「青いリンゴ」からポップス歌手に転向してスマッシュ・ヒット、若い女性ファンの人気を獲得。

1972年12月31日、第23回NHK紅白歌合戦において当時としては最年少(16歳10か月)となる初出場歌手に抜擢されて、「めぐり逢う青春」を歌う。

1973年4月9日、「オレンジの雨」がオリコン週間チャートで初のベストテン入り。続く「君が美しすぎて」は第3位にランクされ、第24回NHK紅白歌合戦も同曲で出場。西城秀樹・郷ひろみと共に新御三家と呼ばれて、一躍トップアイドルの仲間入りを果たす。

1974年11月25日、「甘い生活」で初のオリコン週間チャートの第1位を獲得。最大のヒット曲となり、第25回NHK紅白歌合戦も同曲で出場。この作品で筒美京平は第16回日本レコード大賞・作曲賞を受賞。

1975年2月10日、実兄 (佐藤寛)作曲によ
「野口五郎」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月03日(月) 05:28UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 野口五郎 GORONOGUCHI CONCERTTOUR2019

    最高!! 可愛いホールですが音響の素晴らしいホール クラシックから始まってバックの方との阿吽の呼吸 五郎さんのギター演奏も冴えて、歌は勿論MCも面白く音響が良いせいか五郎さんもノリノリ楽しかった。 五郎さんの歌唱は素直にまっすぐにこちらの心に響いて来るので気持ちがいいです、 今この様に心に響く様に歌って下さる方が少ないので小手先で上手く聞かせ様としない本物の方は貴重だと思って帰ってきました

    5603
  • 野口五郎

    高校生の頃大好きだった五郎さんのライブに初めて参加しました その頃は、なかなかチケットが買えず今回初めて生で声が聞くことができ感激!! ギターのうまさに驚き!そして相変わらずの面白いトークに五郎の世界に引き込まれました 声量もあり変わらない声は素敵です これはかなりいろいろトレーニングや体力つくりなさっているのでは? 秀樹との映像でのコラボは涙をさそいました 「私鉄沿線」は一緒に歌ってしまいました 今度は「青いリンゴ」も聴きたいです 五郎さんお疲れさまでした

    ざわちん
  • 研ナオコ/野口五郎

    研さんとのジョイントは初めて行きました。前から10列目の端の座席だったので、80代の足の悪い母も「とても良かった~

    仙台のけいちゃん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

野口五郎 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み