藤井尚之(フジイナオユキ) のチケット情報

お気に入り登録する
藤井尚之
藤井 尚之(ふじい なおゆき、1964年12月27日 - )は、日本のミュージシャン、作曲家であり、バンド、元チェッカーズのサックスプレーヤーである。福岡県久留米市出身。九州産業大学付属九州産業高等学校卒業。身長171cm。血液型はA型。著名な家族には兄と甥がおり、兄は尚之と同じチェッカーズのリードボーカルで歌手・作詞家の藤井フミヤ。甥は兄フミヤの長男でフジテレビアナウンサーの藤井弘輝。

来歴・人物
鳥栖駅長などを歴任した国鉄職員の父と美容師の母のもとに第2子として出生する。
チェッカーズ内では、元々はベースを担当していたが、大土井裕二の加入により、サックスに転向した(ただし「素直にI'm Sorry」「ふれてごらん 〜please touch your heart〜」ではフルートを担当することもあった)。 チェッカーズのオリジナル作品転向後は「NANA」、「Blue Rain」、「素直にI'm Sorry」、「運命 (SADAME)」、「さよならをもう一度」「ふれてごらん 〜please touch your heart〜」「今夜の涙は最高」「Blue Moon Stone」などを作曲した。

チェッカーズがアイドル扱いされていたことやオリジナルシングルを出せない苛立ちから、1986年初頭には 無精髭をたくわえ、更には髪を肩まで伸ばしていた。1988年から1991年の間長髪を通したが、1991年末に髪を切った。その背景にはフミヤが「髪を切るな」と尚之に忠告しており、またフミヤがファッションと髪型には妥協を一切許さない主義だったため。

1992年のチェッカーズ解散後は、ソロとして活動し、1997年にはフミヤと共に、音楽ユニットF-BLOODを結成する。

1996年のフジテレビ系の音楽番組『LOVE LOVE あいしてる』のバックバンドLOVE LOVE ALL STARSに参加し、サックス・管楽器を担当した。

1997年に沢田研二のアルバム『サーモスタットな夏』(1997年)に収録されている「言葉にできない僕の気持ち」「ミネラル・ランチ」の作曲をしている。

チェッカーズとして活動していた時代には、ボーカル3人組(ダイヤモンズ)に対抗して徳永善也(サニー徳永)、武内享(アンバサダー武内)、大土井裕二(アルマジロ大土井)、藤井尚之(リットル藤井)の4人で「アブ
「藤井尚之」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月16日(金) 15:39UTC
公式サイト
公演レビュー
  • ベストヒットUSA feat. 小林克也&ザ・ナンバーワン・バンド

    ナンバーワンバンドの曲は良かったのですが、それ以外のコピー曲はびっくりしました。 バックの方々は超一流なので贅沢なオケで歌う困った会社のおじさんのような雰囲気になりました。 あんなに素晴らしい声なのに。 途中、ゲストに出てきた高橋幸宏、藤井尚之でホッとしました。 ムーライダースのお二人のギターと歌声は素晴らしく、鮎川誠のロケンロール魂と博多人らしい面倒見の良さ、 中村雅俊のジョージ・ハリソントークでなんとか素晴らしいライブとなりました。 克也さん、次回はナンバーワンバンドの曲だけにして!お願い!

    サンフランシス子
  • 藤井フミヤ

    35周年のライブ 35年経っても変わらぬ歌声に感動 フミヤさんが歌うと、その映像が頭に浮かんで来て感動です 尚之さんとの兄弟トークも面白いです 行くたびに、ファンで良かったと思います

    天使の輪
  • 藤井フミヤ

    カウントダウンにふさわしい華やかさ、そしてフミヤさんの素晴らしい歌声、素晴らしい1年の幕開けとなりました。今年のはもっといい席取るぞ!!

    コバヤシスキー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

藤井尚之 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み