藤原竜也(フジワラタツヤ) のチケット情報

お気に入り登録する
藤原 竜也(ふじわら たつや、1982年5月15日 - )は、日本の俳優。

埼玉県秩父市出身。ホリプロ所属。秩父市立秩父第二中学校卒業。堀越高等学校中退。

略歴
(省略)
1997年、蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』主役オーディションでグランプリを獲得し、俳優デビューする。バービカン・センター(ロンドン)での公演にて、「15歳で初舞台とは思えぬ存在感で天才新人現る」と絶賛され、翌年の凱旋公演も行われた。

2000年、映画『バトル・ロワイアル』の主演に抜擢された。

2001年、新・星の金貨で連続ドラマで初主演を務める。(星野真里とのW主演)

2003年、日本演劇史上最年少21歳でタイトル・ロールを演じた舞台『ハムレット』で、主な演劇賞を総嘗めにした。

2004年、『新選組!』の沖田総司役でNHK大河ドラマ初出演。

2005年、リンカーン・センター(ニューヨーク)にて舞台『近代能楽集〜弱法師〜』の俊徳役を演じ、「NYタイムズ」でも評価を受けた。

2007年2月から6月まで仕事を一時休業し、ロンドンに留学した。帰国後、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーのグレゴリー・ドーラン演出の舞台『ヴェニスの商人』に出演。

2008年、ジョン・F・ケネディ・センターに於ける『身毒丸』ワシントンD.C.公演にて、2002年のファイナル公演以来6年ぶりに身毒丸役を演じ、「ワシントン・ポスト」などの地元各紙で高い評価を受けた。

2009年、井上ひさし作、蜷川幸雄演出による舞台『ムサシ』で宮本武蔵役。

2010年、舞台『ANJIN イングリッシュ・サムライ』で台詞の7割が英語の宣教師役。バービカン・センター(ロンドン)、リンカーン・センター(ニューヨーク)で舞台『ムサシ』を再演した。9年ぶりに連続ドラマ『おじいちゃんは25歳』の主演を務める。

2011年、ドラマ『遺恨あり 明治十三年 最後の仇討』で臼井六郎を演じ、第37回放送文化基金賞演技賞を受賞。

2013年5月、一般女性との年内結婚を発表。

2014年、日本テレビ系ドラマ『ST 赤と白の捜査ファイル』で13年ぶりにゴールデン・プライム帯の連続ドラマ主演を務める。

2015年、2003年に自身がタイトルロールを演じ、数々の演劇賞を受賞した舞台『ハムレット』で12年ぶりに再びハムレット役を演じる。

2016年6月
「藤原竜也」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月31日(金) 03:01UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「プラトーノフ」

    豪華な俳優さん達の共演で期待し過ぎたのかも知れませんが、前半はダラダラ大量のセリフを聞かされ、何となく退屈で睡魔が…隣の方は寝息をたてておられました。(汗)後半からは舞台にも動きが見られ、セリフと仕草で楽しませて頂きました。主人公に感情移入とまではなれず残念でしたが、藤原さんの美声は堪能しました!

    かれっじ
  • 「プラトーノフ」

    戯曲と聞いて、難しい感じなのかと思っていましたが、 全然そんなことはなく、わかりやすく、随所に笑いもあり、 役者さんそれぞれが個性的で、とても楽しい舞台でした。

    だでぃママ
  • 「プラトーノフ」

    面白かった!チェーホフは、暗い印象しかなかったのですが、シェークスピアかと間違うくらいでした。後半、スピード感があり、笑える場面がたくさんありました。役者の皆さん、一人一人が生き生きしていて素敵でした。ベテランの方は勿論ですが、個人的に中別府さんが素晴らしかったと思います。森さんにより演出で、これからチェーホフがシリーズ化されると嬉しいです。

    y.s.
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

藤原竜也 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み