Plastic Tree(プラスティックトゥリー) のチケット情報

お気に入り登録する
Plastic Tree
Plastic Tree(プラスティック トゥリー)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド。1993年にボーカルの有村竜太朗とベースの長谷川正を中心として結成し、1997年にメジャーデビュー。ドラム担当のメンバーの脱退や加入などを経て、現在は4人組で活動する。略称はプラ、プラトゥリ、プラツリなど。

メンバー
* 有村竜太朗(ありむら りゅうたろう、3月6日 - ):ボーカル & ギター
*: 福岡県福岡市生まれ、千葉県千葉市育ち。血液型AB型。
* 長谷川正(はせがわ ただし、11月16日 - ):ベース
*: リーダー。千葉県出身。血液型O型。
* ナカヤマアキラ(1月16日 - ):ギター
*: 北海道釧路市出身。血液型A型。
* 佐藤ケンケン(さとう ケンケン、1月8日 - ):ドラム
*: 2009年7月3日正式加入。長崎県出身。血液型O型。

旧メンバー
* KOJI(コージ):ドラム
* SHIN(シン):ドラム
* TAKASHI(タカシ、1月15日 - ):ドラム。
*: 本名:大正谷隆(おしょうだに たかし)。徳島県出身。血液型B型。2001年脱退。
* ササブチヒロシ(10月12日 - ):ドラム
*: 本名:笹渕啓史(読み同じ)。北海道室蘭市出身。血液型A型。2002年正式加入。2009年3月19日脱退。2010年10月に東京酒吐座を結成。

音楽性と影響
評論家の市川哲史は、「内向的な世界観」と「UKロック的なサウンド」が特徴だと述べている。

有村は森田童子、浅川マキ、山崎ハコ、堀江淳、サザンオールスターズ、バウハウス、ザ・キュアーを好きなアーティストにあげている。キュアーには『Kiss Me Kiss Me Kiss Me』から入り、ついで初期に遡って聴いたという。オジー・オズボーンも好きで、ギタリストのランディ・ローズのコピーもやりこみ、ジェイク・E・リーの真似もしたと述べている。

略歴
*1993年
**12月、有村と長谷川が中心となって結成。楽曲制作を行う。
*1994年
**3月、当時サポートメンバーであったナカヤマとKOJIが正式加入し、千葉県市川市を拠点に活動開始。
**この年、KOJIが脱退。SHINが加入。
**8月12日、デモテープ「Junk gift for my dear」市川CLUB GIOにて配布。
**12月
「Plastic_Tree」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月30日(火) 15:36UTC
公式サイト
公演レビュー
  • ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019

    家族3人で初日に参戦。 行きの勝田駅からのシャトルバスはどんどん来て待ち時間がほとんどなく、スムーズに乗れました。 帰りはセカオワを最後まで聴いて、花火まで見て、テントを片付けてからバス待ちの列に並びましたが21時ちょうどに勝田駅に着きました。 駅前のコンビニは長蛇の列でしたが、そこを横目で見つつスルーして、ホームにあるNewDaysに行けば、並ばずに晩御飯が買えます。 これだけの大群衆をよどみなくさばき切る、スタッフの皆様のスムーズな運営に心から感謝です。楽しい一日を過ごせました。

    Runfun
  • Plastic Tree

    なんか 微妙に音 外れてました、、、。 ハモりがハモらず アキラくんのギターは、 やっぱり最高でした。 どうしたんですかね? 不協和音にしか 聞こえませんでした

    ゆるわか
  • Plastic Tree

    会場は駅から距離があり、10分以上歩いた様に感じました。 会場のロッカーは100個程らしくて、到着したらロッカーは空いてなかったですが、 クロークサービスでビニール袋1枚300円で購入し番号札を受け取り預かって頂きました。 入場番号は400台でしたが、予想以上にステージと客席が近くてドキドキしましたー。 会場に入った時は涼しくて良い気温だと思ってたのですが、 ライヴが始まると皆さんの熱気で、とても暑かったです。 竜太朗さんが度々、風の出る所を訪れてました♪(予測ですが) 楽曲も歌もMCも素敵で、凄く楽しい夢のような時間でした

    わきーー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

Plastic Tree のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み