文学座(ブンガクザ) のチケット情報

お気に入り登録する
文学座(ぶんがくざ)は、日本の劇団。代表は江守徹。

略歴
* 1937年9月6日:岸田國士、久保田万太郎、岩田豊雄の発起にて結成。友田恭助・田村秋子夫妻を中心とした劇団として構想されたが、友田はすぐに日中戦争に召集され10月6日に戦没した。
* 11月31日、東宝の後援により、田村秋子を主役とした旗揚興行を予定していたが、田村が「見世物」となることを拒否して、11月19日に上演中止に。
* 1938年3月25日:第一回公演、上演作は「みごとな女」、「我が家の平和」、「クノック」の3本。俳優としては徳川夢声、中村伸郎、森雅之、杉村春子らが参加しており、演出家にのちの久生十蘭(本名の阿部正雄で参加)、舞台監督には戌井市郎がいた。
* 1938年:研究所開所。
* 1940年:森本薫入座、「富島松五郎伝」「怒濤」「女の一生」などを書き下ろす。
* 1947年:フランス演劇研究会発足。
* 1949年:巣鴨に附属演劇研究所開校。「アトリエ公演」始まる。芥川比呂志、加藤道夫、長岡輝子、加藤治子らの「麦の会」が合流。
* 1950年:信濃町にアトリエ落成、以降アトリエ公演はアトリエにて上演。座歌制定(作詞・岸田國士、作曲・早坂文雄)
* 1961年:附属演劇研究所開設(現在の研究所)。
* 1963年1月:芥川比呂志、高橋昌也、加藤和夫、高木均、仲谷昇、小池朝雄、名古屋章、神山繁、三谷昇、岸田今日子、文野朋子、加藤治子ら座員29名が脱退、福田恆存と現代演劇協会・劇団雲創立を発表
* 1963年12月:『喜びの琴』上演中止をめぐり、三島由紀夫、矢代静一、松浦竹夫、中村伸郎、北見治一、賀原夏子、丹阿弥谷津子、南美江、村松英子ら14名が脱退(のちに劇団NLT創立)
* 1977年:第11回紀伊國屋演劇賞団体賞受賞。
* 2010年:代表の戌井市郎が死去した後に加藤武が代表代行に就任。2015年5月に代表に。
* 2003年:第37回紀伊國屋演劇賞団体賞受賞。
* 2013年:「文学座アトリエの会」が、第20回読売演劇大賞芸術栄誉賞受賞。
* 2015年:第50回紀伊國屋演劇賞団体賞受賞。
* 2016年:2015年に死去した加藤武の後を受け、江守徹が代表に就任。

主な座員
演技部員
男優
(省略)

準所属男優
* 内藤裕志
* 後田真欧
* 相川春樹
* 木場允視
* 萩原亮介
「文学座」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年09月01日(日) 00:47UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 文学座アトリエの会「スリーウインターズ」

    クロアチアの作家テーナ・シュティヴィチッチのスリーウインターズを観る。この物語の主人公コス家にとっても、クロアチアにとっても記憶すべき三つの冬に起きた出来事をスクロールして展開する。戦前の支配階級が追放され、チトーのユーゴスラビア連邦が独立した1945年の11月、パルチザンと行動を共にしたローズ・キング(永宝千晶)は国から割与えられたある屋敷を引き寄せ、夫アレキサンダー(上川路啓志)と母モニカ(南一恵)そして生まれたばかりの赤ん坊を連れて移り住んだ。母モニカが永年召使として仕えたアムルーシュ家の持ち家であったが、戦争協力者として没収され、今屋敷は三家族が共同で住むことになっていた。夜半不審な物音に居間に行くと、そこには過ってモニカ母子を追い出した令嬢カトリーナ(寺田路恵)が隠れ潜んでいた。モニカは恩讐をこえ、憐れんで一緒に暮らすことを許した。乳飲み子を抱えて生き延びた意志の強い女性ローズ、すべてはここから始まったのだ。そのローズが亡くなり家族が葬儀のためにザグレブの「コス家」に集まった1990年1月が二つ目の冬だ。チトーが亡くなると複雑な民族と国家の集合体ユーゴスラビア連邦が瓦解し、民族間の内戦が勃発した。コス家はあの乳飲み子マーシャ(倉野章子)と校長を退職したヴラド(石田圭祐)、娘アリサ(前東美菜子)ルツィア(増岡裕子)そして妹ドーゥニア(山本郁子)夫婦がドイツからやってきていた。その夫カールはクロアチア国家樹立に奔走し、意見の対立からDVを働き、国家の混乱はコス家にも暗い影を落とすことになった。2011年11月クロアチアがEUに加盟したこの冬、末娘ルツィアが結婚することになり、久ぶりに家族が顔を合わせた夜、今までには考えられなかった価値観の相違を問われる事態が発生した。……貧しく虐げられ、貴族階級に召使として働かぜる負えなかったモニカの時代から資本主義にかぶれたルツィアの時代まで、国家の激しい変遷の中を生き抜いてきた四代のコス家の女たちに、深い想いを馳せた戯曲であった。戦前の女性を演じた寺田路恵と南一恵の慎み深い言葉遣いと秘めた想いの語りあいに魅入った。……この舞台には登場しない二人の男性カロリーナの兄セバスチャン・アムールシュとルツィアの結婚相手ダミヤンがこの屋敷の所有権争いに大きな影響をもたらしているように感じたが、間違いだろうか?

    粗忽者の早とちり
  • 文学座公演「寒花」

    初代韓国統監伊藤博文を暗殺した安重根(アンジュングン)が旅順の監獄に送られてきた。時の明治政府は近代国家の体裁を保つためにも、法による死刑を執行する必要があった。このため本国から派遣されたエリート外務省高官(細貝光司)は、死刑囚の安に喫煙を許可するなど異例の扱いをし、当時の監獄の常識や看守長との軋轢を無視してまでも、安重根に獄中死や気がふれることさえ、監獄医に用心させた。安の心情を知るべく朝鮮語の通訳楠木龍生(佐川和正)が呼ばれ、彼は安の獄中日記を読むうちに、安の心情に理解を示し次第に打ち解けてゆく。安重根(瀬戸口郁)の死を覚悟した泰然とした態度に、尋常を超える神秘体験を語らせてゆく間柄にまでなった楠木にも言いえない苦悩があったのだ。高い鉄格子の窓の外に吹雪く寒花のように、権力者の論理では計り知れない、楠の正気を失った母親とのドロドロとした確執、貧困と戦争がもたらした寒々とした悲劇に焦点を当てているように感じ取った。死刑囚と通訳の二人には響き合う何かがあったのかもしれない。明治末期にまで戊辰戦争の勝敗の陰が、あの狭い監獄の看守部屋に色濃く残ったように、近代国家日本の強者の正義が未だ大きな溝を孕んでいるようだ。決して安重根が主人公ではないようだが、瀬戸口郁の演技は目を引いた。

    粗忽者の早とちり
  • ジョー・エッグ

    教師をしているブライ(沢田冬樹)と妻シーラ(栗田桃子)には重度の脳性まひの娘ジョー10歳がいる。全く動けないジョーはイギリスのスラッグで「ジョーエッグ」と揶揄されている。二人は各々夫婦仲やジョーの生まれた経緯などを語り掛けるのだが、あれ以来表面上は兎も角、本音を言わずストレスが溜まり危機一髪の状況が続いている。ジョーの介護に精一杯のシーラは、夫の夜の誘いを拒み続けているから、ブライは冗談にも親友フレディとの不倫を口にすることで、辛うじて精神を保っているかのようだ。二人の長い長いいつ感情が爆発してもおかしくない薄氷を踏むようなやり取りが見物だ。……12月の小雪がちらつく夜、アマチュア演劇に出演したシーラに誘われて,フレディ夫妻が見舞い方々訪れた折に、ブライの母グレースも孫にプレゼントを持ってやってきた。初対面のフレディ夫妻に、車椅子に乗ったジョーを紹介しようとすると、いつもよりジョーの容態はぐったりして、シーラをはじめ皆が大慌てで救急車の手配をしている間に、ふとした母の言葉に触発されたブライがとった行動は……公的施設への依存と我が子に注ぐ愛情との狭間で、自己犠牲を強いられる母親。重度の身障者を抱えた家族の当事者にしか知る由もない心の闇と、全てを委ねて生きているだけの命の重みを問いかける戯曲であった。膨大な台詞が飛び交う中で、一言も発しない重度の脳性まひの娘ジョー(平体まひろ)は存在感があって好演した。

    粗忽者の早とちり
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

文学座 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み