三谷幸喜(ミタニコウキ) のチケット情報

お気に入り登録する
三谷幸喜
三谷幸喜
三谷 幸喜(みたに こうき、1961年〈昭和36年〉7月8日 - )は、日本の劇作家、脚本家、演出家、俳優、コメディアン、映画監督。シス・カンパニー所属。175㎝。

経歴

生い立ち
東京都世田谷区出身。父が自分が好きな大相撲力士たる大関・大鵬幸喜(後に横綱に成る)に因み「幸喜」(こうき)と命名。

世田谷区立給田小学校、世田谷区立烏山中学校、世田谷学園高等学校を経て日本大学藝術学部演劇学科卒業。

少年時代には、『とんねるず』の木梨憲武と同じサッカークラブに所属していた。木梨は2軍だったが三谷は11軍で最終的には13軍。

1980年代
大学在学中の1983年、劇団「東京サンシャインボーイズ」を結成。初期には「一橋壮太朗」の芸名で自ら役者も務めていた。この時期には、テレビ朝日の深夜番組『ウソップランド』で視聴者からの映像作品を募集する「チャレンジビデオコーナー」へ自ら制作した作品を投稿し、それが採用されて放送されたこともあった。

演劇学科の3年後輩の太田光は、「三谷さんは学生の頃から、すごい人気者だった。日本大学のヒーローだった。自分は教授とケンカしたりして演劇を諦めたから、今でも三谷さんにはコンプレックスがある」と、2006年に自らの番組『スタメン』に三谷がゲストで出演した際に語ったが、三谷は後に著書で番組内の発言に対し「番組内では黙っていたが、太田の認識ほどの人気はとてもじゃないが無かった」と書いている。

劇団と並行して放送作家としても活動し、『アイ・アイゲーム』、『欽ドン!』、『お笑いマンガ道場』などの番組構成に携わる。テレビアニメ『サザエさん』の脚本を4本、手がけたこともあるが、3本目に執筆した「タラちゃん成長期」の、タラちゃんが筋肉増強剤を使ってオリンピックに出る夢をみるというストーリーがプロデューサーの逆鱗に触れて降板させられたことを、月刊『ドラマ』の特集で語っている。

1989年から、フジテレビの深夜枠のドラマ『やっぱり猫が好き』の脚本を多くの回で担当し、翌年の同枠の『子供、ほしいね』のほとんどの回を担当したことからテレビドラマの世界でも注目を集めるようになる。

1990年代
1993年に『振り返れば奴がいる』で連続テレビドラマの脚本家としてデビューする。しかし、プロデューサーの石原隆は三谷が喜劇専門であったことを知らなかったため、依頼され
「三谷幸喜」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月01日(木) 07:03UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 歌舞伎座六月大歌舞伎

    歌舞伎を観たいと常々思っていました。敷居の高いイメージか、なかなか一歩が踏み出せませんでした。今回は大好きな三谷作品。出演者も三谷作品で活躍した人ばかり、私の歌舞伎デビューに最もふさわしい作品と思い観に行きました。初めての歌舞伎座、何もかもが新鮮でした。作品は重たい内容にも関わらず三谷作品らしいテンポの良さとユーモアにあふれていました。犬ぞりは感動しました。最後は胸熱くなる感動作品でした。尾上松也も印象的でした。

    こたけ
  • 歌舞伎座六月大歌舞伎

    さすが三谷さんと言うぐらいとっても面白かったです。 ちょこちょことコネタがあったり、犬ゾリの犬たちがめっちゃ可愛かったりで、歌舞伎初心者でも、歌舞伎に慣れている方でも楽しめる内容になっています。

    みわと
  • 歌舞伎座六月大歌舞伎

    楽しかったことは楽しかったのですが、 歌舞伎を観ている人には、少し物足りないように思いました、三谷幸喜さんが一人で騒いでいる感じでした。

    ヒロシ6261
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

三谷幸喜 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み