森山良子(モリヤマリョウコ) のチケット情報

お気に入り登録する
森山良子
森山 良子(もりやま りょうこ、1948年(昭和23年)1月18日 - )は、日本の歌手、タレント。本名同じ。

東京都出身。平成18年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。平成20年秋紫綬褒章受章。長女は元ミュージシャンの森山奈歩。長男はシンガーソングライターの森山直太朗。

来歴
サンフランシスコ生まれの日系2世ジャズ・トランペッターの森山久を父として、元ジャズシンガーの浅田陽子を母として誕生。兄がいた(故人)。

かまやつひろしは従兄(母の甥)、その長男かまやつ太郎は従甥にあたる。

成城学園高等学校に入学、1年間の留年を経て卒業(同級生に小宮山洋子がいる)。高校時代、先輩の黒澤久雄に手渡されたジョーン・バエズのレコードがきっかけで友人らとフォークグループを結成した。作品がラジオで流れたのがきっかけで、19歳になった1967年に、黒澤プロダクション所属のソロ歌手として、「この広い野原いっぱい」でレコードデビュー。黒澤プロの所属になったのは、黒澤家をたびたび訪問し歌も披露していた森山が歌手になると聞いた黒澤明の意向だった。この時期の森山はカレッジフォークに分類される。

デビュー当初はフォーク歌手のイメージだったが、1969年の山上路夫作詞・三木たかし作曲による「まごころ」のヒットで、日本レコード大賞大衆賞を受賞し、NHK紅白歌合戦に初出場したことから、"フォークから歌謡曲の女王"になったと評された。一時期、出産のため活動休止するが、1972年に「遠い遠いあの野原」で復帰。同年の『第23回NHK紅白歌合戦』に出場し、「美しい星」を歌う。1960年代後半から1970年代にかけてヒット曲を数多く生み、当時は主に村井邦彦や森田公一といった作家陣による楽曲を歌った。1998年長野オリンピック開会式では、テーマソングの「明日こそ、子供たちが…」を子供達と一緒に長野オリンピックスタジアムで歌を披露、世界中に放映された。

1998~2000年頃にいくつかのアルバムで発表した「涙そうそう」(沖縄出身音楽バンドのBEGINとの合作で森山は作詞、BEGINは作曲)も話題となった。「さとうきび畑」で、2002年『第44回日本レコード大賞』の最優秀歌唱賞を受賞。同大賞では、作詞した「涙そうそう」が夏川りみの歌唱で金賞となり、森山自身もこの曲で作詩賞を受賞した。2003年には、(フォークを歌い
「森山良子」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月15日(月) 20:14UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 森山良子

    素晴らしい声量と音域。 素晴らしい素質を絶えまぬ努力によって、今の年齢まで維持しているなんて、信じられません。 感動しました~。

    怪人
  • 森山良子

    まず声量の凄さに驚き、感動しました ! 新旧織り混ぜたプログラムは、どれも素敵であるいは懐かしく、自分の若かった頃を思い出して、胸が熱くなりました。 また、第2部の昔の名曲メドレーは、歌の素敵さもさることながら、選曲もグッドで、企画のセンスの良さに感動しました。 アンコールも迫力満点で、2時間歌い続けた後とは思えないほどでした。 本当に堪能させて頂きました。 一つだけ希望を言わせて頂くなら、「さよならの夏」もやって頂きたかったです !

    キョウコチャン
  • 第13回 母に感謝のコンサート

    楽しくてほのぼのとして感動もあって パートナーは来年も行きたいね…とつぶやいていた!! 行けたらいいな

    忠太郎
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

森山良子 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み