八代亜紀(ヤシロアキ) のチケット情報

お気に入り登録する
八代亜紀
八代亜紀
八代 亜紀(やしろ あき、1950年8月29日 - )は、日本の演歌歌手、女優、タレント、画家。本名、増田 明代(ますだ あきよ)。旧姓、橋本。熊本県八代市出身。読みは異なるものの、芸名は出身地の八代(やつしろ)市から採っている。

来歴・人物
幼少の頃から父親の歌う浪曲を子守唄代わりに聴きながら育つ。そうした影響もあり、八代は歌好きの子供になり、地元の歌唱コンクールなどにも出場していた。

八代が小学5年生の時、たまたま父親が買ってきたジュリー・ロンドンのレコードを聴き、そのハスキーボイスに魅せられる。もともと自身もハスキーボイスの持ち主だった八代は、その声に若干のコンプレックスがあったが、ジュリーの声質に勇気づけられ、クラブ歌手になることを意識するようになる。

中学卒業後、地元熊本のバス会社九州産業交通(現:九州産業交通ホールディングス)のバスガイドとして勤務していたが、15歳で父親の反対を押し切り上京。銀座のクラブ歌手となり、スタンダードやポップスなどを歌った。

1971年にテイチクより「愛は死んでも」でデビュー。読売テレビのオーディション番組『全日本歌謡選手権』に出場して10週連続勝ち抜きでグランドチャンピオンとなる。1973年に「なみだ恋」が120万枚とヒットした後も「しのび恋」「愛ひとすじ」「おんなの夢」「ともしび」「花水仙」「もう一度逢いたい」「おんな港町」「愛の終着駅」など、女心を歌った歌で次々とヒット曲を連発する。

1979年に新境地を開拓した初の男歌「舟唄」が大ヒットし、1980年に発表した「雨の慕情」で日本レコード大賞を受賞する。これら2曲は「港町絶唱」と共に阿久悠、浜圭介、竜崎孝路のコンビによる「哀憐三部作」とされ、NHK紅白歌合戦では2年連続大トリを務めて“演歌の女王”と称された。

1982年、センチュリーレコードへ移籍して「海猫」「日本海」「恋瀬川」などを発表する。

1986年に日本コロムビアへ移籍して現在まで所属している。1990年の「花(ブーケ)束」はポップス調のバラードで、ファン層以外の支持も受けロングセラーとなった。

2012年、日本コロムビアに所属しながら同社了承の下で、小西康陽プロデュースによるジャズアルバム『夜のアルバム』をユニバーサルミュージックジャパンから発売して世界75か国で同時配信され、歌手活動42年目で
「八代亜紀」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月02日(木) 00:42UTC
公式サイト
公演レビュー
  • デビュー45周年 神ドラマー村上“ポンタ”秀一ライブスペシャル 「音楽境地」(弐)

    バンドのメンバー紹介、もう少し知りたかった。 ポンタさんのトーク面白かった、あんなにしゃべるの初めて。 八神ママは生ではじめてだけど、艶あり最高でしたね、圧巻! EPOさんも懐かしく、面白いように進化してますねー。 八代さんを引っ張ってきちゃうところがポンタさんの凄さ!これぞ、ブルージー、益々ブルージー、フレットレスサウンド、しぶいねえ。 おっと伊勢さん!スタイルいいし、ギターのサウンドもいいし、歌もじーんときた!黒一点!

    higeji
  • シルヴィ・バルタン

    懐かしく 楽しく観賞でき とても 良かったです

    タ-ボ
  • シルヴィ・バルタン

    客席の年齢層が高く反応が薄い印象でしたが、最後はほぼ全員でのスタンディングオベーション。ジョニーアリデーとの思い出をまとめた映像も良かった。亜紀ちゃんも大好きなんだけど、イマイチトークは噛み合ってなかったような…フランスらしいチャレンジ精神に満ちた演出でした。

    ハヤシライス
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

八代亜紀 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み