山下洋輔(ヤマシタヨウスケ) のチケット情報

お気に入り登録する
山下洋輔
(c)Akihiko Sonoda
山下 洋輔(やました ようすけ、1942年2月26日 - )は、日本のジャズピアニスト、作曲家、エッセイスト、作家である。ひじで鍵盤を鳴らす(省略)を交えながら演奏する。

人物
他分野への進出、コラボレーションにも積極的であり、『ジャズ大名』『ファザーファッカー』『カンゾー先生』などの映画音楽を手がけている。またクラシックピアニスト、オーケストラ、和楽器楽隊とのフリーな競演や山下洋輔パンジャスイングオーケストラを組織するなどもしている。

独自の視点を生かした軽妙なエッセイや小説も執筆している。

筒井康隆とは互いの作品のファンであり、長年の交友関係をもつ。筒井関係のイベントでは必ずといっていいほどメインのメンバーで参加しており、筒井の短編小説集『ジャズ小説』文春文庫版解説も執筆した。また筒井経由で河野典生、かんべむさし、堀晃らのSF作家とも交友した。

タモリを発掘し、『ピアノ弾き乱入元年』等いくつかの著書で出会いの経緯や友誼が語られている。

落語好きでも知られ、「じゅげむじゅげむ五劫のすり切れ……」のリズムを使ったジャズ曲『寿限無』を作曲。また、春風亭小朝や柳家小三治らと、演奏と落語のかけ合いをしたこともある。

曾祖父が、西郷隆盛と交友があった縁で、NHK大河ドラマ『西郷どん』第1話に、負傷した少年時代の西郷を治療した医師役で出演した。

経歴
東京府東京市生まれ。国立音楽大学作曲科卒業。

生い立ち
1942年(昭和17年)、東京・渋谷の金王町に生まれた。父・啓輔は三井鉱山勤務、母・菊代は司法大臣を務めた小山松吉の娘。母親は音楽好きであり、自宅には洋輔が生まれたときからピアノがあった。洋輔の名前も母菊代の発案で、「洋」は「太平洋」から、「輔」は父の名の一字からとられたものである。

世田谷の代田橋に転居し、1945年(昭和20年)3月にはアメリカ軍による東京大空襲を経験した。

小学校3年生時、父親が福岡県の三井鉱山田川鉱業所に技師長として転勤になりに転入した。この頃ピアノを覚えるとともに、伊藤光にヴァイオリンを習う。中学1年生の途中で東京に戻り、杉並の高円寺中学校に通った、学業成績は振るわず、在学中の成績は「後ろから三番目の口だった」「幾何の点数は零点だった」「平均点が75点以上なかったので学級委員選挙の被選挙権がなかった」「化学の授業では黒板に書かれ
「山下洋輔」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月31日(水) 23:00UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 仙台クラシックフェスティバル2018

    久し振りに聞いた山下洋輔氏のピアノは深い表情があり、クラシックの題材でも独特の世界を作っていたと思います。翌日の公演と合わせて素晴らしかった。

    yonejiy
  • NAGOYA JAZZ WEEK 2018 森山威男~スイングの核心~with 山下洋輔

    主人が山下洋輔ファンで名古屋公演はほとんど観に行っています。森山氏については何も知識なく今回参加いたしましたが二人のライヴはとても興味深く、この機会に参加して本当に良かったと感激いたしました (「サントス」というお店は職場が近くて何度も行ってました、お目にかかっていたかも!)

    ももあね
  • 山下洋輔スペシャル・ビッグバンド・コンサート2018

    第1部  ノッキン・キャッツ(Knockin’Cats)  ”極東組曲”より  ・Tourist Point of View  ・Isfahan  ・Blue Pepper  ボレロ(Bolero)   第2部  組曲山下洋輔トリオ  第1楽章 クレイ ~ 第6楽章 グガン アンコール Take The ”A” Train ボレロ(作曲:M.ラヴェル/編曲:松本治)をJAZZで堪能。 ダイナミックで圧倒的迫力のピアノ演奏に感動しました。

    tajiteru
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

山下洋輔 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み