THE ROLLING STONES(ザローリングストーンズ) のチケット情報

お気に入り登録する
ザ・ローリング・ストーンズ
ザ・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones) は、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ(ギター、ハーモニカ)、イアン・スチュワート(ピアノ)、ミック・ジャガー(リードヴォーカル、ハーモニカ)、キース・リチャーズ(ギター、ボーカル)によって結成、その後間もなくベーシストのビル・ワイマンとドラマーのチャーリー・ワッツが参加した。

結成当初のリーダーはジョーンズであったが、後にジャガーとリチャーズがコンビで作曲を行い、グループをリードするようになった。1969年、ジョーンズは体調不良と法律問題のためバンドへの貢献が減少しツアーへの参加もできなくなり、バンドを脱退、その3週間後にプールで溺死した。ジョーンズの後任としてミック・テイラーが加入、1974年に脱退するまで活動を続けた。その後、ロン・ウッドが加入する。ワイマンは、1993年にバンドを脱退、後任としてダリル・ジョーンズがベースを担当するようになるが、正式メンバーとしては加入していない。スチュワートは、1963年に公式メンバーから外されるが、バンドのロードマネージャーを続け、1985年に死去するまでピアニストとしてツアーやレコーディングに参加した。1982年以降は、チャック・リーヴェルがバンドのキーボードを担当している。

1960年代前半から現在まで半世紀以上、1度も解散することなく第一線で活躍を続ける、ロック界の最高峰に君臨するバンドである。エアロスミス、プライマル・スクリームやジェット、日本では萩原健一とテンプターズ、忌野清志郎とRCサクセション、鮎川誠、Charなど、ローリング・ストーンズに影響を受けたアーティストは数多く存在する。ストーンズは労働者バンドというイメージが強いが、実際は違う。ミック・ジャガーとブライアン・ジョーンズは中流階級の出身である。

ストーンズは当初ヨーロッパでの人気が高まり、間もなくブリティッシュ・インヴェイジョンの一波として北米での成功を収めた。イギリスでは22作のスタジオアルバム(アメリカでは24作)、11枚のライブアルバム(アメリカでは12作)、多くのコンピレーションをリリースし、現在までの全世界での売り上げは2億枚を超える。『スティッキー・フィンガーズ』(1971年)はその後アメリカで8連続No1となるアルバム群の
「ローリング・ストーンズ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月18日(日) 08:34UTC
公式サイト
公演レビュー
  • The Rolling Stones -14 On Fire Japan Tour-

    迷っていたけど、結局行っちゃった。 当日のチケット引渡しとなった「参加席」はまったくの無問題。 ・ミック、キース、ロニーのパフォーマンスはそのほとんどを観られる。 ・サイド・ステージが目の前で、ミックからの煽りを間近で何度も直撃された。 ・座席が観客側に向いているので客席の歓声や合唱が大迫力で体感できる。 ・周囲は「見えなくてもいいからその場に居たい」ってアツい人ばかり。 等々のメリット満載で、一昨日に勝るとも劣らない大興奮をさせてもらいました。 演奏は2日前より、まとまりとバランスが良くなっており、「ロニー ⇒ 布袋 ⇒ キース」とギター・ソロを繋いだ ”Respectable” なんてもう感涙モノ。間違いなく一生忘れることの無い大切な思い出になりました。 ■Setlist  01. Jumpin’ Jack Flash  02. You Got Me Rocking  03. It’s Only Rock ’n’ Roll (But I Like It)  04. Tumbling Dice  05. Ruby Tuesday  06. Doom And Gloom  07. Respectable  08. Honky Tonk Women  09. Slipping Away  10. Before They Make Me Run  11. Midnight Rambler  12. Miss You  13. Paint It, Black  14. Gimme Shelter  15. Start Me Up  16. Sympathy For The Devil  17. Brown Suger ----- Encore -----  18. You Can’t Always Get What You Want  19. (I Can’t Get No) Satisfaction

    HIRARI
  • The Rolling Stones -14 On Fire Japan Tour-

    広大な場内で探し当てた私たちの座席はS席(18,000円)であるにもかかわらず、なんとGC席(80,000円)との境界近く。素晴らしき幸運に思わず打ち震えました。 地鳴りのような歓声の中で始まった1曲目、イントロで”Start Me Up”だと判ってまずビックリ。なぜなら前日同様 ”Get Off Of My Cloud” のオープニングを予想していたから。もうエンディングまで座らせてなんてもらえませんよ。 音について細かい事を言えば難もありました。ドームの音響は相変わらずズレが出るし、演奏もよろけた音が少なからず。”Honky Tonk Women”なんて、キースが先走って演奏を始めちゃったしね。だけどこれらをひっくるめてすべてを魅力に昇華させてしまうのがストーンズ。圧倒的な存在感をゴリゴリと最前に押し出してくるパフォーマンス。チャーリーがクールに刻んでいくリズムに絡む、うねるギターとねっとりしたミックのヴォーカル。弾かれたそんな音すべてがグサグサと心に突き刺さるのです。最上級の設備や小難しい演奏が多くの人々を熱狂させるわけじゃないんだよなあ、やっぱり。 ■Setlist  01. Start Me Up  02. You Got Me Rocking  03. It’s Only Rock ’n’ Roll (But I Like It)  04. Tumbling Dice  05. Angie  06. Doom And Gloom  07. Silver Train  08. Honky Tonk Women  09. Slipping Away  10. Happy  11. Midnight Rambler  12. Miss You  13. Paint It, Black  14. Gimme Shelter  15. Jumpin’ Jack Flash  16. Sympathy For The Devil  17. Brown Suger ----- Encore -----  18. You Can’t Always Get What You Want  19. (I Can’t Get No) Satisfaction

    HIRARI
  • ザ・ローリング・ストーンズ、ライヴ・フィルム『スウィート・サマー・サン ―ハイド・パーク・ライヴ2013』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪

    とにかく音響が良いので、ライブのような感覚で見る事が出来た。映画としてもまとまりがあり、臨場感が、ハンパねー❗(*^_^*)

    hasshi
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

THE ROLLING STONES のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み