わかぎゑふ(ワカギエフ) のチケット情報

お気に入り登録する
わかぎ ゑふ(わかぎ えふ、1959年2月13日 - )は、日本の女優、劇作家、演出家、エッセイスト。旧芸名、若木え芙、わかぎえふ。

大阪府出身。劇団リリパットアーミーII所属、座長を務める。玉造小劇店主宰。所属事務所はオフィスPSC。夫はリリパットアーミーII所属の俳優・演出家の朝深大介。

非常に小柄である。

略歴
大阪で、外国航路の船長であった明治生まれの父親とその後妻である母親の間の一粒種として生まれる。兄たちは父の先妻の子で全て戦前の生まれという特異な家庭環境にあり、「自分より年上の甥、姪がいる」という複雑な立場。60を過ぎてなお浮気を繰り返す粋な好色家で世間慣れした父親と夫の浮気にも動じない女傑の母親との教育により、タフなキャラクターに育てられた。両親にはユニークな逸話が多く父親に幼い頃から「キスはあいさつだ」と騙されてキスされていたこと、母親が老いてなお居合抜きを修行して達人となってしまったことなどの珍談奇談が自らのエッセイで多数明かされている。

相愛中学校・高等学校在学中、友達同士の洒落で「若木一族」という役者もどきの芸名を集団で使うことになり本名のイニシャル「F」から「わかぎえふ」と名乗った。現在に至る芸名の由来である。

相愛高等学校卒業後、演劇に関心を持ちつつアルバイトやOLなど職業を転々とするが、その過程で後に座長で作家となる、コピーライターの中島らもと知り合い、「中島らも事務所」の秘書になる。1986年に中島と劇団「笑殺軍団リリパットアーミー」を旗揚げ。

2000年に(財)大阪市女性協会きらめき賞、2001年にラックシステム「お祝い」の作・演出で大阪舞台芸術奨励賞、2011年に「紅姉妹/べにしまい」で第11回バッカーズ演劇奨励賞を受賞。

2009年、新神戸オリエンタル劇場芸術監督に就任。就任記念公演「ジョアンナ」では、脚本・演出を務めた。

私生活では、長年独身を続けたが、1997年に同じ劇団員の朝深大介と結婚している。

人物
世話焼きのいい大阪のお姉さん体質。この性格から、劇団の座長として後進の指導に積極的に当たっている。

小さい頃は水泳か剣道でオリンピックに出たかった。が、剣道はオリンピックの種目に無く、断念。水泳ではオリンピックの強化選手に選ばれたこともある。

伝統芸能にも関心が深く、新作狂言に挑戦し、自ら舞台に立つと
「わかぎゑふ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年03月17日(土) 02:36UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「ワンダーガーデン」

    花組芝居の4人とわかぎえふさんの演出で時々上演される「四獣×玉造小劇団」の公演。いつも楽しく観ていますが今回も期待に違わぬ面白さ。4人が男になったり女になったり頻繁に変わるので着替えが大変、時にはカーテンの陰から顔だけ出したりするので笑い通しでした。皆のスケジュールを合わせるのが大変だと思いますが是非又観たいです。

    つばみ
  • 「わ芝居~その壱 『カラサワギ』」

    はじめは小さな劇場にびっくり、でもスピーカーを通さない生の声に迫力を感じました。 はでな装置や照明など一切無いのですが、ストーリーの面白さと役者さんの熱演でいい物を見せていただきました。 リリパットアーミーの作品は「天獄界~哀しき金糸鳥」に続いて2作目です。 前回に続き今回も面白かった。ありがとう。

    K.M
  • 「おもてなし」

    もともと花組芝居のファンなので八代進一さん目当てで観に行きました。しかし主演のみやなおこさん他の皆さんが素晴らしくてちょっと新派を観ているような感覚でした。もともと関西の劇団ですから今回も東京では4ステージのみでしたが、しみじみと良い舞台でした。いつもながらコング桑田さんのカーテンコールでの面白いコメント大好きです。

    つばみ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

わかぎゑふ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み