渡辺香津美(ワタナベカズミ) のチケット情報

お気に入り登録する
渡辺 香津美(わたなべ かずみ、1953年10月14日 - )は東京都渋谷区出身のギタリスト。ギタリストの中牟礼貞則は師匠にあたる。また、高校の同級生に山本達彦、先輩にモト冬樹やグッチ裕三がいる。妻はピアニストの谷川公子。

バイオグラフィ
東京都渋谷区のたばこ屋に生まれる。中学2年でベンチャーズに興味を持ち、初めてギターを手にする。入学した暁星高等学校の先輩にモト冬樹がおり、彼のギターの影響も受ける。

その後ジャズに興味を持ち、ヤマハ音楽教室で中牟礼貞則に学び始める。

1971年に『インフィニット』でデビュー、その卓越したギター・テクニックで「17歳の天才ギタリストの出現」と騒がれた。また渡辺貞夫らトップミュージシャンのグループに在籍した。

1979年には坂本龍一、矢野顕子、村上秀一らと「KYLYN BAND(キリンバンド)」を結成。また同年にはイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)のワールドツアーにサポート・ギタリストとして参加した。この模様はYMOの3枚目のアルバム『パブリック・プレッシャー(公的抑圧)』で発表されるが、渡辺のギター・チャンネルは、当時彼が所属していた日本コロムビアの意向でカットされることとなり、代わりに坂本龍一のシンセサイザーが追加録音された(渡辺のギターは後年リリースの『フェイカー・ホリック』などに収録された)。

コロムビア時代の代表作の一つ『TO CHI KA』ではヴィブラフォン奏者のマイク・マイニエリがプロデューサーとして迎えられている。このアルバムの収録曲"Unicorn"が日立のオーディオ・ブランド「Lo-D」のCM曲に使われ、人気を不動のものとする。

1981年からはFM東京(当時)系列で自身の番組『グッド・バイブレーション〜渡辺香津美・ドガタナ・ワールド』のパーソナリティーを務める。

1982年に日本コロムビアからポリドール(現:ユニバーサルミュージック)に移籍、併せて自らのレーベル「domo」を立ち上げる。

1983年には来日したジャコパストリアスと、マイクスターンの代役として共演している。この時の音源は、アルバム『ワード・オブ・マウス・バンド 1983ジャパン・ツアー』に収録されている。

1987年、ビル・ブルーフォード、ジェフ・バーリンとのトリオで「スパイス・オブ・ライフ」を発表。同編成で日本公演を行い
「渡辺香津美」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年03月22日(金) 03:31UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 渡辺香津美(g)/沖仁(g)

    会場せいなのか、土地柄なのか、よくわからなかったが、おおよそ渡辺香津美さんや、ましてや沖仁さんのファン層とは異なる年齢層の観客(高年齢層の女性が多かった)に包まれながら演奏はスタートした。 やっぱり観客の中のギターフリーク、熱烈ファンからの掛け声が小さくかかる。 初めてギターデュオの公演を聴いた人なら、初めてフラメンコギターの凄さを感じた人なら大いに満足して帰ったであろう。 渡辺香津美さんの演奏能力の高さは改めて書き綴る必要はない。 私自身、何度も彼の生演奏に接してきたし、期待を裏切らないのは予想はしていた。 アコースティック2本(ナイロン、鉄)、ソリッドエレキギター、12弦オベーションを曲のシーンによって使い分けていたが、 沖仁さんはフラメンコギター2本(殆ど1種類使用)で対抗。 私は沖仁さんのギター初めて触れて、完全に酔いしれてしまった。 ピックを使わない5本の右指で弦をかき鳴らし、爪弾くフラメンコに対して、圧倒的な存在感を示していた。 どんなにエフェクターを使ってもエレキギターの音はアコースティックなサウンドの深みに対抗は出来ない。 そんな気持ちになるシーンが幾度となくあった。 セットリストも予想した曲が外れることがなく、基本的に二人の共演したライブからのセレクトが殆どだったので安心感があったものの珍しさが無かったのはマイナス評価。 彼らの音楽に馴染みがない人にとっては高評価だったとは思いますが・・・ 個人的には二人の大ファンでもあるので多少厳しめの評価となっておりますが、ギター曲のことはあまり知らない人でも 愉しめる内容ではあったのは間違いなかったです。 今度は単独公演を是非聞きたいと思います。

    Steivie_hok
  • 渡辺香津美(g)/沖仁(g)

    初めて行ったホールでしたが、500人規模で見やすく、音も鮮明で、お二人もノリが良かったと思います。大変楽しいひとときになりました。

    いけたこ19
  • 沖仁(g)/渡辺香津美(g)

    2人のコンサートは2度目。前回会場で購入したCDの曲が8割くらい演奏されてましたが、二人の息も合っていてすばらしい内容でした。 会場も700人程度の会場でステージに向かって円形に席作ってあり音響効果が良く演奏者のお二人もこの会場で演奏するのが楽しみ とお話しておりました。リベルタンゴが素晴らしかったです。できれば今後もこの会場で行われたら行きたいと思います。 kuri

    kuri
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

渡辺香津美 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み