水木一郎(ミズキイチロウ) のチケット情報

お気に入り登録する
水木一郎
水木 一郎(みずき いちろう、本名:早川 俊夫(はやかわ としお)、1948年1月7日 - )は、日本の男性歌手、作詞家、作曲家(省略)、声優、タレント、ナレーターである。身長170cm。血液型はO型。イエローバード所属。

アニメソング界の帝王と呼ばれるほか、アニキ(ANIKI)の愛称でも親しまれているが、「アニキ」とはNHKおかあさんといっしょ2代目うたのおにいさんをしていたことに由来する。
自分の持ち歌を「ANIKING」ヴァージョンとして再録音することもある。また、「松本茂之」「山本一郎」「早川としお」「たつきよういちろう」「ミズキング」名義でも歌唱している。

東京都世田谷区出身。世田谷学園高等学校卒業。現在は神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮の近くに在住。

来歴
レコードデビューまで
実家がレコード店を経営していたため音楽環境には恵まれ、幼少期からジャズなどを聴いていた。特にアメリカの音楽には強い影響を受けていたという。だが本人は当初「どうせ日本人なんだから落語でもやるか」ということで落語家を目指し、学生時代には「落語会」を開いていた。

1964年、ジャズ喫茶に入り浸っているうちに顔なじみになったザ・ドリフターズの桜井輝夫の勧めで、当時新宿区歌舞伎町に存在したジャズ喫茶「ラ・セーヌ」で催されたコンクールで(省略)の「僕のマシュマロちゃん」を歌い優勝し、これが本格デビューのきっかけとなる。

1965年、作曲家和田香苗の門下生となる。この時期、弘田三枝子の前歌などを務めた。

1965年、早川 昭名義でテレビ西部劇『(省略)』の日本版主題歌「シェナンドー」をレコーディングする。この曲は当時、宣伝用フォノシートが製作されたが一般発売はされなかった。2018年、デビュー50周年記念アルバム『Just My Life』に収録され、初めて一般発売された。

レコードデビュー
1968年に歌謡曲歌手としてカンツォーネ調の「君にささげる僕の歌」でレコードデビューするものの、売り上げが芳しくなかったことやマネージャーとの不仲も災いして一時歌手を退く。『徹子の部屋』に最初の出演をした際語ったところによると、同じレコード会社(日本コロムビア)の先輩歌手で万城目正門下(『万城目正歌謡音楽院』出身)で『すすきのブルース』(1964年)などのヒット曲を唄った九条万里子と結婚することに
「水木一郎」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月28日(金) 13:45UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 水木一郎・堀江美都子 ふたりのアニソン#16 大阪公演

    ミッチーの声量や安心して楽しんで聴けるのと水木のアニキの天然だけど歌は凄い,この2人の相乗効果で素晴らしいパフォーマンスを見せて頂きました.

    Makotín
  • 水木一郎

    最高でした。 30曲3時間は凄すぎて! 今回参加したのはシャウトSPでしたが 前日のバラードSPも行きたかった( ͡° ͜ʖ ͡°)

    ゆう1212
  • 水木一郎・堀江美都子 ふたりのアニソン#16

    今年も楽しく夫婦で観させて頂きました。 一年の早さに驚き、お二人の若さにも驚き、元気を頂きました。 選曲も厳選されていて、あっという間に時間が経っていました。 又来年も観に来ます。

    とこおば
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

水木一郎 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み