BASEMENT JAXX(ベースメントジャックス) のチケット情報

お気に入り登録する
ベースメント・ジャックス
ベースメント・ジャックス(Basement Jaxx)は、イギリス出身のダンス・ユニット。

概要

1997年のメジャーデビューから次々とヒット作を発表し、今やクラブ・ミュージック界においてケミカル・ブラザーズやファットボーイ・スリムなどと肩を並べるトップスターにまで成長した。多くのミュージシャンのリミックスやプロデュースも手がけるなどスタジオワークの才も併せ持つ。

ゲストボーカルを招き、自らはターンテーブルを操作して演奏するDJスタイルは上記の2組と同じだが、フィリックス自身がボーカルをとってライブすることもあり、その点でプロディジーの演奏スタイルにも通じている。また、近年はバンド・セットを用いての演奏をおこなっており、ますますそのスタイルを多様化している。

メンバー
* フィリックス・バクストン - ミキサー、ターンテーブル、ボーカル
* サイモン・ラトクリフ - ミキサー、ターンテーブル、ギター

来歴
1994年、フィリックスが催したパーティーでサイモンと出会い、2人は意気投合。ユニットを結成する。

1995年、自主制作でリリースした「サンバ・マジック」が全米・全英のクラブで話題を呼び、クラブ・ミュージック界期待の新人ユニットとして注目される。

EP『フライ・ライフ』が、自主制作のリリースにもかかわらず全英TOP20入りのスマッシュ・ヒットを記録した1997年、この年にクラブ・ミュージック界から世界を席巻したプロディジー擁するXLレコーディングスと契約。

1999年に発表したデビュー・アルバム『レメディ』は全英チャート1位、アメリカのビルボード・ダンスチャート1位を記録。日本でも、シングル「レッド・アラート」がラジオ・チャートの1位を記録した。

翌2000年2月、新宿LIQUIDROOMで単独ライブを行った。

2001年リリースのセカンド・アルバム『ルーティー』では、ヒットシングル「ホエアズ・ユア・ヘッド・アット」に代表されるように、ブラジルのカーニバルをテーマとしたようなファンクなお祭りサウンドを展開した。(省略)。

翌2002年、お台場のZepp東京でライブを行った。(省略)。

2003年、バンド・サウンドに大きく接近したサード・アルバム『キッシュ・キャッシュ』をリリース。日本のアニメ映画『アップルシード』のテーマソングにもなったシン
「ベースメント・ジャックス」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年04月03日(水) 07:31UTC
公式サイト
公演レビュー
  • ベースメント・ジャックス

    本当に素晴らしかったです!! 音楽ももちろん最高だけど、シンガー・ダンサー入り乱れてエンタメ要素も多く、サービス満点。 アタマおかしくなるくらい(?)楽しみました。 今まで何百本とライブ見てますが間違いなくベスト1です(^^)

    Rumi
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

BASEMENT JAXX のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み