愛華みれ(アイカミレ) のチケット情報

お気に入り登録する
愛華 みれ(あいか みれ、1964年11月29日 - )は、日本の女優である。宝塚歌劇団の元花組トップスター。身長168cm、血液型O型。愛称はタモ、ロコ。

鹿児島県出身。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。

来歴
1985年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は38番。『愛あれば命は永遠に』で初舞台。花組に配属となる。

1986年『散る花よ、風の囁きを聞け』の薩摩藩士役に抜擢され、剣道と鹿児島に縁のある出世作となる。『秋…冬への前奏曲』・『春の風を君に』などの新人公演で主演を任される。

1998年、真矢みきの退団に伴い、翌年の『夜明けの序曲』で花組トップスターに就任。この時代は愛華をはじめ5組のトップスター中4組が同期生という時代であった(花組・愛華、月組・真琴、雪組・轟、星組・稔)。

2001年、『ミケランジェロ』のタイトルロールを最後に退団。

以後、女優として舞台からテレビなどで活躍している。2008年3月21日、リンパ腫に罹患していることを所属事務所が公表、出演予定の舞台ミュージカル『SEMPO』をキャンセル、治療に専念していた
が、同年8月6日のモーニング娘。と共演した新宿コマ劇場での公演『シンデレラtheミュージカル』にて復帰。シンデレラをいじめる継母役を演じた。

人物
同期(71期)には鮎ゆうき(元雪組トップ娘役、俳優・神保悟志夫人)、真琴つばさ(元月組トップスター)、轟悠(元雪組トップスター)、稔幸(元星組トップスター)らがいる。

2009年1月1日に入籍したことを同日公式ブログにて公表した。

宝塚歌劇団時代の主な舞台
花組時代
* 1992年 『白扇花集/スパルタカス』:ジュリアス・シーザー
* 1992年 『けれど夢の中で めざめたときに』:マサキ(バウホール公演初主演)
* 1992年 『心の旅路/ファンシー・タッチ』:リチャード
* 1992年 『ドニエブルの赤い罌粟』:ニコラーエフ
* 1993年 『メランコリック・ジゴロ/ラ・ノーバ!』:マチウ
* 1993年 『ベイ・シティ・ブルース/イッツ・ア・ラブ・ストーリー』:ホールデン
* 1993年 『ワン・タッチ・オブ・ヴィーナス』:セイボリー
* 1994年 『ブラック・ジャック 危険な賭け/火の鳥』:ジョイ(東京公演:ケイン)
* 1994年 『たけくらべ』:信如
*
「愛華みれ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2012年10月15日(月) 12:13UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「宝塚BOYS」

    初演からずっと観てきて今日が一番若いBOYSでした。一生懸命、涙と汗が飛び散る熱意溢れる舞台でした。歌もダンスももうひと頑張りというところですが今しか持てない若さの煌めきが眩しかったです。 再演があるのなら成長した彼らにまた会いたいと思います!

    いばら姫
  • 「宝塚BOYS」

    ●ストーリーも分かりやすいし、笑い0ってわけでもなく、最後のシーンは圧巻だし、「舞台?2.5しか観たことなーい!」っていう人が見ても楽しめる(楽しくないけど楽しめる…難しいな…)舞台だなと思いました。 ●凄い切なくて涙がとっても出る演目でしたが、最後のステージや出発のシーンがすごく後味がいいので、終わった後に暗い気持ちを引きずらなくてよかったです。大団円!で終わる演目が好きでアンハッピーエンドなんか見たくない!という派なのですが、最後があったので辛くなかったです。でも一番涙が出たのは、なによりもステージのシーンでした。 ●若い男子の他に、寮のおばちゃん(君原さん)が出てくるのですが、私も君原さんになった気持ちになって見ていました。 ●彼らが頑張った結果が一つの物語になり、戯曲になり、今の若い俳優たちが輝く場を作っているっていう巡り巡ったすごい大きなことをしたんだって思いました。 ●本当に出演者のみなさんが輝いていました。嬉しいことも、悲しいことも、現実では無し得なかったことも、全部が観客の心に刺さったと思います。 ●公演のことではないのですが、今回パンフが大変に、「こりゃぁ、にくいことするねぇ!」という感じでした。カバーがかかっていて、一見そっけない感じなのですが、そのカバーの裏に、BOYSの正装写真が。カバーをとった表紙ですらなく、ほんと、カバーの裏に。結局表には出れなかったと言うのを暗示している気がしました。気がついたのが帰りの電車だったのですが、うっかり泣きそうになりました。

    まめこSP2
  • 「宝塚BOYS」

    男子の宝塚って?という感じで観にいきましたが、なかなかどうして素直に楽しめました。愛華さんはさすが!!としかいいようがないくらい感動しました。THE宝塚という感じはまだまだ十分に感じました。科捜研の女の時の刑事とは違って石井さんのおもしろさが伝わってきました。また違う役の石井さんを観てみたいと思い、また次の舞台を観にいけることを楽しみの一つとすることができそうです。あれほどプレゾンを観に行っていたのに、百名さんにまったく最初は気づかなかったくらい、雰囲気が違っていてびっくりしました、ステキなお芝居をみせていただけてうれしかったです。 さらに頑張ってほしいです。久々に舞台を観られてとても穏やかな気持ちになれたことが不思議でした。

    Marina
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

愛華みれ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み