小曽根真(オゾネマコト) のチケット情報

お気に入り登録する
小曽根真
(C)Yow_Kobayashi_Yamaha
小曽根 真(おぞね まこと、1961年3月25日 - )は、日本のジャズピアニスト。父はピアニスト兼ハモンドオルガン奏者の小曽根実、妻は女優の神野三鈴。

人物・来歴
1961年神戸市生まれ。須磨浦学園須磨浦小学校卒業。父の影響で5歳からクラシックピアノを習うも、バイエルの練習に飽き、ハモンドオルガンに転向し天才奏者と呼ばれる。12歳の時にオスカー・ピーターソンのソロ・ピアノを聴き、ジャズ・ピアノを始める決意をする。1976年15歳でプロデビュー。神戸市立葺合高等学校卒業。

1980年に渡米し、ボストンのバークリー音楽大学に入学。

1983年バークリー音楽大学のジャズ作・編曲科を首席で卒業後、同年6月にニューヨークのカーネギー・ホールにてソロ・ピアノ・リサイタルを開く。このとき、ちょうど見物にきていたクインシー・ジョーンズに見出されて米CBSと日本人初のレコード専属契約を結び、アルバム『OZONE』にて全世界デビュー。

グラミー賞受賞アーティスト、ゲイリー・バートン(ヴィブラフォン奏者)とワールドツアーを行う。この後、CBSから3枚のアルバムをリリース。

1990年に帰国し、ビクターへ移籍、同社からは3枚のアルバムをリリース。

1994年、ユニバーサルミュージック/ヴァーヴ・レコードへ移籍。

1996年、「MAKOTO OZONE TRIO」を結成。1999年、ニューヨークへ再移住。

2000年、「MAKOTO OZONE TRIO」の新ベーシストにJames Genusを迎える。同年、初のベスト・アルバム『wizard of OZONE〜小曽根真ベスト・セレクション』をリリースしベストセラーとなる。

2001年『スイングジャーナル』誌読者人気投票で2年連続4冠制覇。

2002年デビュー20周年、ヴァーヴ移籍後10作目となるスペシャル・アルバム『トレジャー』を発表。チック・コリア、マイケル・ブレッカー、ゲイリー・バートン、ジョン・ヘンドリックス等豪華ゲストを迎えた。また、『THEドラえもん展』に「あなたのドラえもんを聴かせてください 」との依頼を受け、小曽根真トリオ 名義で、ベースにJames Genus、ドラムにClarence Pennを迎え、録音を行い、マキシシングル盤の『ドラえもんのうた cw 青い空はポケットさ』を会場限定で販売した。

「小曽根真」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月18日(火) 11:34UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 小曽根真

    小曾根さんが何度も言っていたように、まるでビッグバンド並みのライブで、楽しみました。 初めて聞く曲もどれもいい曲でした。 最後のサプライズゲストで二度おいしいライブでした!

    tomisan
  • 小曽根真&スコティッシュ・ナショナル・ジャズ・オーケストラ“Jazz meets Classic”

    「ピーターと狼」も素晴らしかったのですが、やはり橋爪さんの独壇場の感じもあり、プロコフィエフの原曲に最大限の敬意を払いつつの編曲もよかったのですが、少し生煮えな感じもあり。それで、なんといっても2部!「動物の謝肉祭」のアイデアほとばしりつつ精細な見事なジャズアレンジと、オケの各メンバーのすんばらしいソロを散りばめた、血湧き肉躍る名演!完膚なきまでにやられました。アレンジャーだとばかり思っていた天才、トミー・スミスさんのテナーも絶品也。 堪能しまくりました。こういう他の追随を許さない圧倒的な名アレンジ、名演を聴くと、明日からまたがんばろうという気がおこってくる。ありがとうございました!

    tanikenn
  • チック・コリア(p)/小曽根真(p)

    2人のピアノの鉄人の競演! チックのモーツアルト初めて聞いた、素晴らしかった。 最後は「スペイン」で会場大盛り上がり。 Return to Foreverの羽のように軽いフレーズも健在!

    EAST
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

小曽根真 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み