SCOOBIE DO(スクービードゥー) のチケット情報

お気に入り登録する
SCOOBIE DO
SCOOBIE DO(スクービードゥー)は、日本の男性4人組のファンクバンドである。

メンバー
F.u.n.k.-a-.l.i.s.m.o.!の名の下に集った4人の男。通称ファンキー4。

;コヤマ シュウ【小山 周】
「スウィートソウルスウィンガー」(ボーカル、作詞、白スーツ / 1975年4月21日生まれ、血液型B型、趣味:プロレス鑑賞)
: 中学校までは明るい少年だったが、思春期に入り「人生って何だろう」と考えだし、自分の世界に閉じこもるようになる。それからは、マツキと好きな音楽をカセットテープで交換することと、弟と休日にプロレスごっこをする以外は、他人と距離を置いてつきあう少年になる。
: 大学入学とともに、「もてたい」という理由で、マツキの「バンドを組もう」という言葉に頷く。それまで、バンド経験はおろか音楽経験も無い、全くのゼロからの状態で始めたにも関わらず、初めてのライブで高評価を得て、自信を持つようになる。
: 初期の頃は、モッズシーンに影響を受けMCは一切しなかったが、あるライブ(2000年頃)であまりにノリの悪い客を前にして以来、プロレスに影響を受けた激しい煽りのMCをする、現在のスタイルになった。

;マツキ タイジロウ【松木 泰二郎】
「グランドスラムギターリスト」「俺達のリーダー」(ギター・リーダー、ほぼ全ての作詞・曲 / 1975年7月3日生まれ、血液型B型、趣味:ギターいじり)
: 幼馴染であるコヤマの兄の影響でブラックミュージックを聴き始めるが、周りに語り合える人がいないため、コヤマを黒人音楽好きに染め上げる。ギターは中学校から毎日のように弾いており、大学入学と共にバンドを組むことを決意。「同じような趣味の人間は、コヤマしかいない」「そういえばアイツは小学生の頃、前に出ると何かやるタイプだった」という二つの理由で、コヤマをボーカルとして誘い、バンド結成。
: バンドのほぼ全ての作詞・曲を手がける。また、NEWSやBIRDなど、多数のアーティストのアルバムに参加、もしくは楽曲提供を行っている。

;ナガイケ ジョー【本名非公表】
「ファンキーライン」「ファンタジスタ」(ベース / 1981年12月3日生まれ、血液型O型、趣味:散歩)
: 元々はスクービードゥーのステージを観る側だったが、MOBYが大学の音楽サークルのOBだったことで、前
「Scoobie_Do」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月01日(月) 22:50UTC
公式サイト
公演レビュー
  • ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019

    東京スカパラダイスオーケストラの演奏は、よかったが、ミスチルの桜井が、出演しなかったのは、大変残念。新曲が、リリースしたというのに

    やみえもん
  • Keishi Tanaka

    Scoobie Doが最高にかっこよかったです!!!ただScoobieはGuestだったので、あんまり時間が無くて残念でした 。もっと聴きたかったです。KeishiTanakaのライブは初めて観たけど、心地の良いサウンドでした!ファンサがすごくて、感動しました!人柄が滲み出てるようなライブでした!また仙台にいらして欲しいです。本当に素敵な夜を過ごせました。Special Thanks!!!

    こじ69
  • SCOOBIE DO

    素晴らしいバンドだ‼︎

    Somosomo
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

SCOOBIE DO のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み