aiko(アイコ) のチケット情報

お気に入り登録する
aiko
aiko(あいこ、1975年11月22日 - )は、日本のシンガーソングライターである。本名非公開。愛称は、あいちゃんなど。大阪府吹田市出身。buddy go所属。レコードレーベルは、ポニーキャニオン。

概要
ラジオ番組のDJ等の活動を経て、1998年『あした』でメジャーデビュー。「カブトムシ」「花火」「ボーイフレンド」「キラキラ」など多数のヒット曲を発表している。

作詞・作曲における表記
歌手としての表記は「aiko」だが、作詞・作曲の欄は「AIKO」となっている。その理由については、メジャーデビュー前に表記をローマ字にすることは決めていたが大文字か小文字かについては特に決めてはおらず、JASRACに申請する際に大文字で「AIKO」と申請したためである(ラジオにおける本人談)。なお、オムニバス・アルバム『ドーテイオムニバスCD Vol.1』では歌手名および作詞・作曲ともに「AIKO」だが、『astral box』以降は現在と同様に歌手名が「aiko」で作詞・作曲を「AIKO」としている。

公式ファンクラブ
公式ファンクラブ名は「BABY PEENATS」。名称はaikoが命名。由来は自身が好きであるスヌーピーから来ている。年4回の会報発行やコンサートチケットの優先予約、グッズの通信販売などの特典が存在する。
公式ファンクラブとは別にオフィシャルのモバイルサイト「Team aiko」もあり、月額料金262円(税込)で利用登録をするとaiko本人からのメール(通称:aikoメール)が不定期で配信されるほか、着メロや壁紙をダウンロードできるサービスがある。ただしチケットの優先予約や、グッズの通信販売等は利用できない。

来歴
メジャーデビュー前
1975年11月22日、大阪府吹田市で誕生。小学校高学年の頃からの一時期を家庭の事情で親戚の家で暮らす。この時から歌手を目指すようになる。中学生の頃、父の友人である円広志は、歌手になりたいaikoを「苦労するから辞めておけ」と反対していた。高校生の頃からはピアノを使用し、作曲を始める。また、大阪府立東淀川高等学校在学中は生徒会で副会長を務める一方、高校卒業までは友人と共にバンド活動を行っていた。

1995年5月、19歳の時に出場したコンテスト「第9回TEENS' MUSIC FESTIVAL」にて、自身で作詞・作曲した曲
「Aiko」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2013年01月11日(金) 11:06UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 立川談春 35周年記念公演 ~玉響-tamayura~

    談春35周年。 aikoのファンでいっぱい。 なんか、二列目で席がよかったけど、 前はaikoファンに譲れたら良かったなぁと思うくらい。 その、落語素人に難しい噺をふって、しっかり会場を掴まえる腕。 どちらのファンにも、どちらもプロでとても良かったし、客層の違いが余りにも面白かったのと、 デレデレの談春とaikoの掛け合いが、 あーきっとこんなの二度と見られないんだろうなぁとゆう気もして、俄然面白くなった。 35周年記念ならでは。 行けてよかった。次は静かに。

    ngo
  • 立川談春 35周年記念公演 ~玉響-tamayura~

    aiko のファンで、本公演に行きましたが、談春さんはもちろん下町ロケットでみていて、存在感のある脇というイメージをもってました。落語家さんなんですね。落語をあまり聞いたことなかったんですが、談春さんの落語、探してまた行きたいと思ました。

    みりきく
  • 立川談春 35周年記念公演 ~玉響-tamayura~

    いつかの独演会でシアターコクーンではチケットの売り方をかんがえていると言っていた。 それがこんな風だった。プログラムを見たら、ゴスペラーズとaiko、斉藤和義に目が行った。 真っ先にaikoを購入し、ゴスペラーズに向かう。が、なかなか入れなくなった。ようやく繋がって、次に斉藤和義。 三枚を手に入れたところで終わってしまった。まあよい。 数年前に借金で親兄弟に迷惑をかけつくした弟がひとりで死んだ。 もはや血縁者がわたしひとりとなり身の回りの物を片付けに行った。 何でこんな物を、と本人にとっては大切なものなのだろうけど、わたしにはゴミでしかない。 全部捨ててしまうのだが、そこには夥しい数のCDもあり、何と aikoのものが数十枚あった。 aiko好きだったんだ。 消費者金融で金借りて消費したら、どうやって返すんだ。このCDもこうして買ったんだなと思う。 さみしい人生だったと思う。aikoをどんな気持ちで聞いていたかと思うと、こころの中のサソリが消えた。 aikoありがとう。弟はあなたの歌が好きだった。 道に迷えば、地図が作れる。フランスのお菓子屋さんが言っていた。 aikoの歌詞からそんなことを思い起こした。この談春の周年公演、そんな意味も感じてしまった。

    デニロ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

aiko のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み