Crystal Kay(クリスタルケイ) のチケット情報

お気に入り登録する
Crystal Kay
Crystal Kay(クリスタル・ケイ、本名:Crystal Kay Williams、1986年2月26日 - )は、主に日本で活動する女性歌手。

人物
外国人の両親を持つ。父親(幼少時に離婚)はアフリカ系アメリカ人のベーシスト、母親は在日朝鮮人3世のシンガーで現在所属事務所の社長をつとめるshunkay(シュンケイ。旧芸名:シンシア)。

小学校より横須賀のアメリカンスクールに通っていたため英語が堪能であるが、アメリカ合衆国には住んだことがない。
ピアノを3年間ほど習っていたことがある。

誰とでも友達になれるのが特技で、米国シンガーで韓国人とアフロ・アメリカンのミックスであるエイメリー、PVで共演した成宮寛貴や嵐、加藤あい、平井堅、BENI、BoA、松浦亜弥、山田優、赤西仁など、数多くの著名人と交友がある。また、モデル兼タレントのSHELLYとは幼馴染である。

愛称は「クリちゃん」。「ケイ」はミドルネームなので、本来ならば「クリスタル」か「ウィリアムズ」で呼ばれるべきだが、付き合いの浅い人からは日本名と語感の近い「ケイちゃん」と呼ばれることもある。ラジオ番組において、本人は「ケイ」が最も苦手な呼ばれ方であると語っている。身長170cm。

来歴
1999年 - 2000年
初めての仕事は4歳のころで、PCエンジンDuoのCMソングである。後に、資生堂「スーパーマイルドシャンプー」と「ピエヌ」のCMソングを歌う。1999年、13歳の時に「Eternal Memories」(作曲・編曲:菅野よう子)でシングルデビュー。菅野美穂出演のサントリー「ビタミンウォーター」CMソングとして起用された。

その後、2000年頃は歌手としての目立った活動はなかったが、2001年に映画『サトラレ』主題歌「LOST CHILD」を歌ったことで、知名度を上げた。また同じ頃にm-floと知り合い、FMフェスティバル'01のファイナルライブに、TAKU (m-flo) meets Crystal Kay meets YOU THE ROCK☆として、m-floの「come again」をセッションして出演した。

2002年 - 2003年
2002年8月にリリースした、m-floの☆Takuプロデュースのシングル「hard to say」がロングヒットとなった。同年10月に、T
「Crystal_Kay」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2013年05月15日(水) 02:20UTC
公演レビュー
  • ブロードウェイミュージカル 「ピピン」

    ミュージカル自体はいくつか観に行ったことはありましたが、観客を引き込み、声を出してしまう舞台はなかなかないのではないか!?と思いました。歌も素敵だし、ダンスも素敵だけど、なんといっても緊張感マックスのサーカス要素!!ハラハラドキドキするけど、サーカスに行かずにミュージカルで観れるなんてとっても最高!!テレビとかでは味わえないので、ぜひ、劇場に足を運んだほうがいいです!!

    ぽんあや
  • ブロードウェイミュージカル 「ピピン」

    最高のエンターテインメントでした 城田優さんの歌声は伸びやかで素敵で ダンスも手足の長さが際立つものでした。 さらにCrystalKayさんはミュージカル初挑戦とは思えない堂々とした歌と演技で冒頭からがっちりと観客を巻き込み影の主役でした。

    ひよぽんぽんひよ
  • ブロードウェイミュージカル 「ピピン」

    今回城田優さん、クリスタルケイさん主演のピピンを観覧させていただきました

    スニフみ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

Crystal Kay のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み