中尾ミエ(ナカオミエ) のチケット情報

お気に入り登録する
中尾 ミエ(なかお ミエ、1946年6月6日 - )は、日本の女性歌手、女優。本名は中尾 美禰子(なかお みねこ)。福岡県小倉市(現:北九州市小倉北区)出身。身長156cm。名前は中尾ミヱと表記されていた時期もある。

人物・来歴
6人兄弟。実家は書店を経営していた。

父親が事業に失敗し、1958年に一家で上京。福岡学芸大学附属小倉小学校を経て、精華学園中学校時代に渡辺プロダクションにスカウトされ、平岡精二に師事する。当時はスタンダード・ナンバーを歌っていた。

1961年に渡辺プロと契約。園まり・伊東ゆかりらとスパーク3人娘を結成。ザ・ピーナッツの後継として期待され、クレージーキャッツ主演の『シャボン玉ホリデー』などに出演し、一時代を築く。確かな歌唱力で、人気を博し、アメリカンポップス系を得意とする。

16歳にしてリリースした『可愛いベイビー』が大ヒット。一躍スターの座に。20歳の若さで都内に一軒家を購入して両親へプレゼントした。その後、両親の家の隣へ中尾の自宅を建てて現在もその場所で生活しており、後に自宅の隣には自己所有のアパートを建てて経営しており大家でもある。

一時期はその気の強さと歯に衣着せぬ物言いが好評で、本業以外にもトーク番組の司会などを数多く務め、美川憲一に「和田アキ子と口喧嘩すれば中尾が勝つ」と言わしめる程であった(新春かくし芸大会では和田と毒舌漫才を演じ、前川清がどつかれ専門で出演するという演目を演じたこともある)。和田の事は「5時に夢中」内などで「何でみんな和田アキ子を怖がるの(笑)」などと語る事があり、和田もデビュー当時にある先輩から酷いいじめにあっていたときに「先輩のミエちゃんといしだあゆみちゃんにはかばってもらったり助けてもらった。」と度々語っており、和田も中尾に対して今でも頭が上がらないでいる。

また「梓みちよとはデビュー当時、下宿先でもあった渡辺晋社長の自宅で取っ組み合いのケンカを、よくしていた」と語ったことがある(梓自身も「当時から中尾とは仲は良くなかったが、互いに良きライバルでもあり歌手としての実力や才能を認めている」と語っている)。伊東や園が毎回2人のケンカの仲裁に入っていたという。

その後は一個人として地域と絡んだ社会活動に参画している。各種トーク番組などのゲストとして出演しているほか、女優として映画やドラマにも多数
「中尾ミエ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月22日(水) 04:46UTC
公式サイト
公演レビュー
  • ミュージカル「ピピン-PIPPIN」

    「こんな舞台、見たこと無い」 イリュージョンとアクロバットとお芝居と音楽と歌がごちゃ混ぜ。 それぞれではなく、ごちゃ混ぜに物語が進んでいく。 ピピンの自分探しの旅を追いかけつつ、役者がイリュージョンで消えたり登場したり、ブランコに乗って宙づりになって歌ったり、そんなものすべてを追いかけながら観ていると、時間の経過を忘れてしまう。 「人生にある何か特別なもの」は、特別なイリュージョンの中にも、アクロバットの中にも無く、ごく普通の日常生活の中に存在すること。 それを、特殊なサーカス一座の中で表現している。 きっと私の目の前にも、「人生の中の特別なもの」は有るはず。 そんな思いを起こさせる、舞台でした。

  • ミュージカル「ピピン-PIPPIN」

    これまでにないミュージカル!! 歌、ダンスのレベルも高い!でも それに上回るエンターテイメント性!! アクロバット、マジックがミュージカルの中にしっかり融合している、内容が、展開が面白い!! ぜひぜひ再演を!!!!

    くにたん
  • ミュージカル「ピピン-PIPPIN」

    もともと6月の東京公演のチケットを取っていましたが、観どころが多すぎて1度では観きれず、今回で6回目の観劇となりました。ストーリー、音楽、演出、パフォーマンスなど、普通の日本のミュージカルとはまるでレベルが違います。ブロードウェイ以上のクオリティを母国語で観られるという幸せ。こんなチャンス二度とありません。後悔ないように飽きるほど観られて良かった。(何度観ても飽きないけど)

    ぺみ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

中尾ミエ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み