岡平健治(オカヒラケンジ) のチケット情報

お気に入り登録する
岡平健治
岡平 健治(おかひら けんじ、1979年3月28日((省略)歳)は、日本のミュージシャンとして有名だが、その他にも不動産オーナー、スタジオ経営、音楽出版、ライブハウス経営、飲食店経営、中古車売買修理経営、アパレル経営なども行なって億万長者となっている。身長161cm。血液型はB型。広島県呉市出身(正確には生まれは長崎県香焼町(現・長崎市))。広島県立呉工業高等学校卒業。中学時代は呉市立昭和北中学校に在学、小学時代は呉市立昭和北小学校山口県は防府市立牟礼南小学校在学。幼稚園時代は学校法人昭和学園昭和幼稚園在学。

元19のメンバーでボーカル・ギター・ハープ担当。現3B LAB.☆Sのボーカル・ギター担当。他にもベースの演奏、キーボード・琉球三味線による弾き語りも披露している。

現3B LAB.☆Sの千葉貴俊とは師弟関係にあたる。
現在では音楽活動は趣味とし、自分の音楽を自身のYouTubeチャンネルで無料開放している。

経歴
中学生の頃から、ソロで、多くのオーディションに参加し、多数受賞する。高校時代、中国放送でラジオ番組の準レギュラーをする。そして、高校時代から呉の駅前などで路上ライブの活動を行う。(活動時期・内容は定かではないが、ソロとして学校フレンド、姉とのユニットとして学校フレンズという名義で活動していた)。1996年、高校3年の夏にティーンズミュージックフェスティバルで岩瀬敬吾と知り合い、1998年春に広島から大阪でのライブ活動を経て上京し「少年フレンド」というユニット名で活動を開始した。それぞれアコースティック・ギターを持ち、高円寺や下北沢でそれぞれの作詞作曲である楽曲をライブハウスやストリートで歌っていた。

途中、自分の描いた詩に曲をつけてくれるミュージシャンを探していたイラストレーターの326と出会い、意気投合した3人は1998年11月に「19」を結成。(実はこの前に、3BLAB.☆SのイラストレーターKATOKENと健治が東京、原宿で、出会っている。)11月21日に「あの青をこえて」でデビューし、1999年には「あの紙ヒコーキ くもり空わって」がロングヒット、NHK紅白歌合戦へ出場。2000年には5thシングル「水・陸・そら、無限大」がシドニーオリンピック日本代表選手団公式応援ソングとして採用される。この曲で同年二度目の紅白出場を果たす。

2
「岡平健治」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月10日(土) 00:28UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 岡平健治

    元19のボーカル岡平健治!自走ツアー47都道府県!アットホームで熱いライブ!17年経った今も素敵なライブ!最高!

    キャサ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

岡平健治 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み