中田カウス・ボタン(ナカタカウスボタン) のチケット情報

お気に入り登録する
中田カウス・ボタン(なかたカウス・ボタン)は、漫才コンビ。所属事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪。コンビ結成は1967年3月。

なんばグランド花月劇場(NGK)で大トリをとる大御所である。

略歴
二人の出会いはカウスがアルバイトをしていたバーの常連客がボタンであった事から。日に日に仲良くなった頃カウスからボタンを誘いコンビ結成。

その後は遊園地やストリップ劇場などで漫才を披露。若手の頃はアイドル並みの人気を博した。漫才師はコンビで揃いのスーツを着ることが定番だった時代に、はじめてジーパンとトレーナーで演じた。ネタ作りも当時の女子高生にウケるネタを研究して作るなど、若者にターゲットを絞った漫才を発表し続ける。現代では当たり前のように存在するアイドル漫才師のパイオニアと言える存在であった。

漫才・ネタの特徴としては、カウスの、ボタンの私生活や過去を引き合いに出しておちょくる(からかう)ようなボケと、それに対するボタンのノリツッコミ。2012年の正月番組ではボタンがボケに回り、カウスがツッコミを入れるネタを披露するなど、最近の漫才師の傾向に影響を受け、大御所ながらさらなる進化を遂げつつあると言える。

メンバー
;中田カウス
:(なかた - 、本名:野間 勝道、(省略) - )
:ボケ担当。愛媛県今治市(旧越智郡伯方町)出身。子供のころ雑誌に付録として載っていた住所録を見て横山エンタツの自宅に行き弟子入り懇願したが断られ断念。その後大阪の千日劇場で観た暁伸・ミスハワイの漫才に魅了され、自宅に押しかけ弟子入りを懇願したがこちらも断られ、暁伸・ミスハワイの友人であったあひる艦隊を紹介され、ボーヤとして地元愛媛の仕事に帯同。のちに上方柳次・柳太門下を経て中田ダイマル・ラケット一門に入る。2002年からM-1グランプリ決勝戦の審査員を務めており、回数では松本人志に次ぐ9回。出演者のチェックは予選から行っており、2005年は1回戦から舞台袖ではなく、客席側からチェックしているのが目撃されている。
:ひょうひょうとした語り口でボタンに毒舌を吐くのが特徴。「悪戯の帝王」の異名を持ち、ターゲットになった芸人は浜田雅功から人生幸朗まで幅広く、ターゲットとして一番狙われたのは坂田利夫である。吉本以外では逸見政孝(逸見とカウスは共にビートたけしの親友)にいたずらを仕掛け
「中田カウス・ボタン」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月17日(金) 06:01UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 漫才のDENDO

    地方公演なのに豪華メンバーでとても面白かったです。次は鹿児島市内でお願いします。

    ゆうゆ
  • よしもと爆笑公演

    不動の面白さ~変わりません やっぱりおもいっきり笑うって素敵なことです。 毎年恒例とのこと、来年も楽しみにしています。

    palkey
  • よしもと爆笑公演

    不動の面白さ~変わりません 毎年恒例のようなので、来年もいっぱい笑いたいです。

    palkey
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

中田カウス・ボタン のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み