博多華丸・大吉(ハカタハナマルダイキチ) のチケット情報

お気に入り登録する
博多華丸・大吉(はかたはなまる・だいきち)は、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本社)に所属する日本の漫才コンビ。1990年5月にコンビ結成し、吉本興業福岡事務所(福岡吉本)からデビュー。福岡で活動した後、2005年に上京し、吉本興業東京本社の所属となる。博多弁漫才を全国展開し活躍している。略称は華大(はなだい)。THE MANZAI 2014優勝者。お笑い第四世代の代表格。

メンバー
* 博多華丸(はかた はなまる、本名:岡崎光輝〈おかざき みつてる〉、1970年4月8日 - )((省略)歳)
: 福岡市早良区出身。ボケ担当。立ち位置は向かって左。
* 博多大吉(はかた だいきち、本名:吉岡廣憲〈よしおか ひろのり〉、1971年3月10日 - )((省略)歳)
: 福岡県古賀市出身(生まれは兵庫県神戸市)。ツッコミ、ネタ作り担当。立ち位置は向かって右。

来歴
デビューまで
大学入学までは接点は無く、二人が同じ年(1989年)に福岡大学に入学して落語研究会に所属したことで知り合うことになった(後に二人とも大学を中退)。大学入学時、二人ともお笑いをやっているサークルに所属したいと探したところ落語研究会しかなかったという。勧誘情報には「ゆるい上下関係」とあったが実際にはガチガチの縦社会で、サークルの不満を言い合うことで仲良くなった。地元のタウン誌にサークル活動が紹介され、それを見たあるプロダクションから二人にコンビ名「ヨッチャン・オカチャン」というコンビ名で、東京でやらないかと誘われたことがある。
 最初の面接の時に出会った社長の雰囲気から、二人の本能が絶対に怪しいプロダクションに違いないと訴えかけて来たために、ただ、ひたすら逃げる口実を探していたのだが、そう言ったスキを社長は一切与えてくれずに、社長との面会を重ねるごとにトントン拍子に売り出すパッケージングの形などが決まっていった。どうしても逃げ出したい二人がたまたま見た、福岡県で吉本主催のお笑いオーディション番組をするからシロート芸人希望者募集の広告を観て、社長の面会の日、社長からこの日に君たちを東京の番組にねじ込むからと言われた日に、「すいません。僕たちは吉本所属を目指したいんです。」と、懇願して断ったという。このプロダクションを断った建前上、吉本所属を目指す
「博多華丸・大吉」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月05日(日) 19:49UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 九州新喜劇

    前半は新喜劇と後半は漫才の二部構成でした。新喜劇は一時間たっぷりの内容で、福岡よしもと所属の芸人さん総出演?で楽しめました。ゲストの石田靖さんはさすがの存在感で、まるで座長そのものの大活躍、大熱演でした。実際の座長である寿さんの熱演も見物でした。たっぷり一時間近くの熱演ぶりに感心するとともに楽しい時間でした。後半の漫才はパンクブーブーとまさかの華大さんの登場に場内大拍手で大盛り上がりでした。この日の公演は成功だったと感じました。これからは、公演の間隔をどのようにやっていくのか、若手・中堅の芸人さんの活躍の場を増やすことをどのようにやって福岡よしもとが成功させていくかなどを考えさせられました。

    さぬきうどん
  • 神戸花月~春の特別公演2017~

    中川家が最高の面白かったです。 あとアキも最高!

    みのみの
  • 神戸花月~春の特別公演2017~

    漫才はテレビで見るより生の方が面白いですね。お客さんとのやりとりがあったり、アドリブが最高でした。新喜劇は子供の頃しかみてなかったのですが、知らなくても十分楽しめます! 一度見てしまうと、また行きたくなりますよー

    よんろくさん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

博多華丸・大吉 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み