立川志の輔(タテカワシノスケ) のチケット情報

お気に入り登録する
志の輔らくごinACT
立川 志の輔(たてかわ しのすけ、1954年2月15日- )は、富山県新湊市(現:射水市)出身の落語家、タレント。本名、竹内 照雄(たけうち てるお)。オフィスほたるいか所属。出囃子は『梅は咲いたか』。2008年、芸術選奨文部科学大臣賞受賞、2015年、紫綬褒章受章。

身長176cm。

来歴
生い立ち・学生時代
幼いころに両親が離婚。その後母親が亡くなり、5歳のころ、骨董店を営む母方の祖父母宅で、祖父母と母親の兄の伯父夫婦家族と共に生活し、伯父夫婦には実の子のように育てられた。祖父が落語好きでもあり、落語との出会いは、家族がテレビで見ていた5代目柳家小さんであったが、大学生になるまでは、落語には興味はなかった。

高校時代はソフト(軟式)テニス部所属、富山県代表でインターハイに出場したこともある。

富山県立新湊高等学校を経て、明治大学経営学部卒業。

明治大学在学中は落語研究会(落研)所属。同落研での伝統ある高座名「紫紺亭志い朝」を、2年先輩の三宅裕司(4代目)から引き継ぎ、5代目紫紺亭志い朝として活動。その後、2年後輩の渡辺正行に譲る(6代目)。

明治大学在学中、先輩の三宅裕司の影響もあり、演劇にも興味を持つ。

談志に入門
大学卒業後は、さまざまなアルバイトをしながら、劇団「シェイクスピア・シアター」や劇団「昴」の養成所に所属、演劇の勉強をする。その後、串カツ屋でのアルバイト生活がメインとなり、バイト後によく飲みに行っていた新宿ゴールデン街で知り合った広告代理店関係者に誘われて、広告代理店に入社(社員であった時期には、テレビCM制作などに従事することもあった)。28歳のころ、社長から「現場も営業も経験したけれどこれからどうする?」(社内でどの職種で働きたいか)という話があり自身ではそのころ、頭の片隅では落語のことが忘れられずに「半分以上は落語家がいいんじゃないか」と思いながらも「このまま会社にいるのは会社にも失礼で自分自身が辛く」、区切りをつけるために退社(社長にはあきれられた)。

大学在学中の落研時代から3代目古今亭志ん朝への憧れが強かったが、国立演芸場での「談志ひとり会」で7代目(自称5代目)立川談志の『芝浜』を観たことが、談志に入門する決め手となった。この時の談志の『芝浜』は、従来の『芝浜』とは異なる作風へと劇的に変化したものだった。

「落語家
「立川志の輔」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月26日(日) 22:39UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 立川志の輔独演会

    チケット発売日にわざわざ会場まで足を運んで並んでGETしたチケット。今日は4列目。 プログラムを見ると志の輔師匠の名前しか書いていない2席だったので納得していたが 幕を開けるとお弟子さん2人の豪華?前座でした。 志の八も、もうすっかりお馴染みになりました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下 演目記入あり見る方注意! 枕で今日は「思い込み・・・」だったので何の演目だろうと思って聞いてて始まったら すぐに<千両みかん>と分かり、夏ならでは無難な演目でした。 2席目は<八五郎出世> 何回聞いても 好きだし、飽きません。 でも、師匠お年をめされましたね。 また、名古屋郊外の扶桑に来てほしいと思います。(今回で4回目だそうです) 今まで連続で通っていた今年の名古屋公演のチケットがGETできず無念。今日はそんな心の隙間を埋めたい心境で見た公演でした。

    曇り時々雨のち晴れ
  • 立川志の輔独演会

    こぢんまりとした会場でアットホームな落語会でした。 扶桑文化会館は、700人あまりのこぢんまりとした会場で、2階席の最後部でも舞台がたいへん近く感じられます。会場によっては、顔も見えないほどの距離があり、これが落語会?と思えることもありますが、この会場なら最後部でも演者の顔がはっきり見え、落語のおもしろみがじんわり伝わるなあとうらやましく思えました。とにかくよい会場でした。 志の輔さんもお年を召されましたね。「千両みかん」も「八五郎出世」も、そつなくおもしろかったのですが、迫力がいまひとつ伝わってきませんでした。番頭さんの慌てぶりや八五郎のへべれけな様子は笑えるのだけれど物足りない。決して悪口ではなく、これから志の輔さんが演じて観客を満足させていくのは、「井戸の茶碗」や「徂徠豆腐」のような、もう少しじっくり聴かせるものになっていくのだろうなと感じた高座でした。 その代わり、前座の志の麿がおもしろくなってきた。そろそろ二人会になるのかもしれませんね。

    とりはみーこりん
  • 本多劇場プロデュース 牡丹灯籠 志の輔らくご in 下北沢 2019

    六代目三遊亭圓生カセット(お露と新三郎/御札はがし・・・)三十数年前の記憶が蘇りました。 志の輔さんの牡丹灯籠、第一部で説明があり全体の噺がわかりやすくなり良かったです。

    tajiteru
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

立川志の輔 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み