西岡徳馬(ニシオカトクマ) のチケット情報

お気に入り登録する
西岡 德馬(にしおか とくま、1946年10月5日 - )は、日本の俳優。神奈川県)が正式表記である。

来歴・人物
(省略)
* 2人兄弟の長男で、幼少期には子役として活躍していた。
* 横浜市立大綱中学校出身。
* 幼少時は喘息で体が弱く、体調が悪くなり演劇の仕事も一時活動休止した。その後は中学に入り、器械体操部で体を鍛えることにより他の学生とケンカで負けなしだったが、本人から仕掛けることは一度もなかった。
* 芸能界に入ったのは、父親に言われて学校(法政大学第二高等学校)を2年でやめさせられ、「お前は芸能学校に入れ」と言われたのがきっかけとの本人談。俳優になるきっかけを作ってくれた父に感謝していると語っている。幼少時は、そんな父に車で箱根にあちこち連れて行ってもらった。
* その後、鎌倉の学校法人聖ミカエル学院に入り、玉川大学文学部芸術学科演劇専攻卒業。大学卒業後の1970年に文学座に入団。杉村春子に「(芝居が)上手くないわね」と言われながら育った。10年在籍したが他の劇団の芝居もしてみたいという欲求から、1979年文学座を退団。芸名はそれまで本名の西岡徳美を使っていたが、女性に間違われたり、"とくみ"と呼ばれることが多かったため、退団を機に西岡"徳"馬にした。しかし僧侶から「"徳"という字は『人は一心ことを為すのに十四年』という作りですから、一本、横棒を入れた方がいい」と言われて、もともと戸籍でも"德"を使っているため、西岡"德"馬にした。その後はテレビ・映画でも活躍。『極道の妻たち』シリーズやヤクザ映画などでヤクザの幹部を多く演じたことから、コワモテ役の印象を与えている。
* NHK大河ドラマ『武田信玄』と『風林火山』で役柄は異なるものの、同じ上杉家家臣役を演じている。
* 1991年、ドラマ『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)で部長役を演じたが、原作では赤名リカ(鈴木保奈美)と不倫関係だった上司の役で「赤名リカと関係を持ちそうな部長、というイメージから西岡さんを選んだ」ということでキャスティングされたという。しかし同ドラマは、どんどん視聴率が上がり、小学生まで観るようになったため、ヒロインが会社の部長と不倫して子供も作るのではなく、誰の子供かは明かさないというキャスティング当初とは違ったエンディングに変更された。西岡の(省略)は、つかこうへいが西岡のた
「西岡徳馬」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月28日(火) 04:26UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「プラトーノフ」

    豪華な俳優さん達の共演で期待し過ぎたのかも知れませんが、前半はダラダラ大量のセリフを聞かされ、何となく退屈で睡魔が…隣の方は寝息をたてておられました。(汗)後半からは舞台にも動きが見られ、セリフと仕草で楽しませて頂きました。主人公に感情移入とまではなれず残念でしたが、藤原さんの美声は堪能しました!

    かれっじ
  • 「プラトーノフ」

    戯曲と聞いて、難しい感じなのかと思っていましたが、 全然そんなことはなく、わかりやすく、随所に笑いもあり、 役者さんそれぞれが個性的で、とても楽しい舞台でした。

    だでぃママ
  • 「プラトーノフ」

    面白かった!チェーホフは、暗い印象しかなかったのですが、シェークスピアかと間違うくらいでした。後半、スピード感があり、笑える場面がたくさんありました。役者の皆さん、一人一人が生き生きしていて素敵でした。ベテランの方は勿論ですが、個人的に中別府さんが素晴らしかったと思います。森さんにより演出で、これからチェーホフがシリーズ化されると嬉しいです。

    y.s.
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

西岡徳馬 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み