三遊亭白鳥(サンユウテイハクチョウ) のチケット情報

お気に入り登録する
三遊亭白鳥
三遊亭 白鳥(さんゆうてい はくちょう、1963年5月21日 - )は、落語協会所属の落語家。出囃子は『白鳥の湖』。本名は藤田 英明(ふじたひであき)、新潟県上越市出身で自転車店(後に模型店)の二男。新潟県立高田高等学校を経て日本大学藝術学部文芸学科卒業。主に新作落語を中心に活動している。

春風亭昇太を始めとする「SWA(創作話芸アソシエーション)」の一員。背番号は『2』。

最近は新作落語の他に「火焔太鼓」を元にした「火炎太鼓」や、「寿限無」を元にした「スーパー寿限無」、「初天神」を元にした「ハイパー初天神」といった自称『白鳥古典』を展開している。

他にもホラー落語、紙芝居を使った落語も演じる。

2010年からサンケイリビング新聞社が主催する「The Woman's 落語会」で、女性の落語家のために、古典落語や自作の新作落語を女性目線に作り替えて演じてもらうというコンセプトの落語会のプロデュースに携わっている。

経歴
* 1987年7月 - 三遊亭圓丈に入門。前座名「にいがた」。
* 1990年3月 - 二つ目に昇進。「新潟」に改名。
* 1992年 - ニッポン放送主催「第7回お笑いゴールドラッシュ」優勝。
* 2001年9月 - 真打に昇進。「白鳥」に改名。
* 2005年 - 平成16年度彩の国落語大賞受賞。

来歴・人物
高校時代から趣味で怪談などを書いていたが、高校ではラグビー部、大学では「剛柔流空手部」と「童話絵本研究会」に所属し、落語との接点はなかった。空手部時代の理不尽なシゴキや上下関係のエピソードを枕やエッセイでしばしば披露している。古今亭志ん生の著書を読んで落語に興味を持ち、三遊亭圓丈がテレビで新作落語を演じているのを見たことがきっかけとなり、圓丈に入門した。

今でこそ個性的な新作落語で受け入れられているが、落語をあまり知らずに入門したこともあり(もっとも三遊亭圓丈の弟子は白鳥に限らず、入門前に「落語研究会」に属した経験がなく落語をよく知らなかった者が多い)、最初のうちは苦労した。ネタは構成をいきなりパソコンで打ち、1ページほど書き出してからストップし、喋り、口に出しながら修正していく。手書きでないことで客観的に見られるという。

独特の着物を愛用している。派手な赤や青の色合いで肩から袖口までラインが入っており、着物というよりジャージ
「三遊亭白鳥」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月07日(水) 01:55UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 第五十六回 大手町落語会

    新作あり、トリの さん喬師匠の古典、十分楽しめました。喬太郎さん、流石だ。古典と思わせておいての新作。堪能しました。

    橙兎
  • いけいけ池袋夢高座 2DAYS

    前座の三遊亭じゃんけん、これはやばい。つまらない。会場で寝ている人がたくさんいた。後に出てくる人たちの引き立て役?と言わざるを得ないほどつまらなかった。場を温めるのではなく興ざめしてしまった。ひとりで話すのではなくもっと会場(観客)を意識してはなしてほしい。 三遊亭兼好は「さすが!」という感じで枕から会場を盛り上げていた。うまいなぁ、と思えるところが随所にあった。しかし本来の姿である古典落語をしてほしかった! 林家きく麿は、う~ん…こんなもんなのかな?と。 とりの三遊亭白鳥。新作落語だからとはいえ何でもありではない。ムーミンのこと知らない人はちっとも面白くない。 しかし、立川談笑の「しゃぶ浜」は面白かった。名作「芝浜」を現代に置き換えていて面白かった。覚せい剤の話はどうか?とも最初は思ったが覚せい剤は良くない!というストーリーなのでいいのかな、と。 話の前半は笑いを取りながら進めていき、後半は聞き入る感じになっていたと思う。 昨日はこの「しゃぶ浜」がなかったら最悪だったが何とか救われた。

    masao0918
  • 渋谷に福来たるSPECIAL 2019 ~落語フェスティバル的な~

    思いがけない口上でのサプライズがあり、メンバーも豪華でとても嬉しかったです。 演者4人の個性が際立っており、とても楽しい会でした。 また落語が聞きたくなるような素晴らしいひとときでした。

    wakamayu
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

三遊亭白鳥 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み