瀧川鯉昇(タキガワリショウ) のチケット情報

お気に入り登録する
瀧川 鯉昇(たきがわ りしょう)は、落語の名跡。
過去に鯉昇という名跡は、鯉朝や鯉橋同様に数名が名乗っている。2代目柳亭左龍(俗に「樽重」、「江戸名残の怪談師」)、7代目三笑亭可楽(俗に「玉井の可楽」)等が名乗っているが、名跡としての代数は数えられていない。

----
(省略)
当代 瀧川鯉昇(本名:山下 秀雄(やました ひでお)、1953年2月11日 - )は、静岡県浜松市生まれ。浜松市立広沢小学校、浜松市立蜆塚中学校、静岡県立浜松西高等学校、明治大学農学部卒業。落語芸術協会所属で、同協会理事。出囃子は「鯉」。

芸歴
*1975年4月、8代目春風亭小柳枝に入門、春風亭柳若(りゅうじゃく)となる。
*1977年2月、5代目春風亭柳昇門下となる。
*1980年2月、二つ目昇進。春風亭愛橋(あいきょう)となる。
*1983年 「NHK新人落語コンクール 最優秀賞受賞。演目は「粗忽の使者」
*1984年 「国立演芸場花形若手落語会」金賞受賞。演目は「犬の目」
*1985年 「第5回 国立演芸場若手落語会金賞銀賞の集い」大賞受賞。演目は「味噌蔵」
*1988年度 「にっかん飛切落語会」若手落語家奨励賞受賞
*1989年度 「にっかん飛切落語会」若手落語家奨励賞受賞
*1990年5月、真打昇進。春風亭鯉昇となる。
*1996年 「51回文化庁芸術祭」優秀賞受賞。演目は「二番煎じ」「時そば」
*2005年1月、亭号を改め、「瀧川鯉昇」となる。

エピソード
入門以前

* 静岡県立浜松西高等学校では演劇部に在籍。同時に浜松放送劇団にも所属。演劇部では、1年の時に先輩の斉木しげる(当時早稲田大学)からスウェーデン体操の指導を受けている。

* 演劇部で落語を披露したことがきっかけで落語に興味を持つようになった。東京に出て、役者か噺家になることが夢であった鯉昇は勉強はせず、成績はクラス50人中49番(50番目の生徒は病欠)であったが、高校3年の夏、俳優か噺家になるために上京するには両親を説得できるだけの理由が必要であることに気が付き、東京にある大学を受験するために「猛勉強」を始める。その結果、明治大学農学部に合格する(倍率は1.01で鯉昇は補欠入学)。

* 当時の日本では学生運動が盛んで学生同士の仲間意識が強く、「一緒に入学したんだから一緒に卒業しよう」という雰
「瀧川鯉昇」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月29日(月) 03:41UTC
公式サイト
公演レビュー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

瀧川鯉昇 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み